「経験値」というフィルターを取っ払う

今日は、壊れてた加湿器を取りに車で職場に行った。
帰り道、一緒に行った父が、「どうせなら湾岸沿いを走って帰ろう」と言う。

異論なかったので、「良いよ」と私。

しばらくして、父が、「どうせなら海を見ていこうよ」と言う。

私は、

”ここの海なら見たことあるし、どうせいつもと同じ風景だろう”

と思って、気が乗らない返事をした。

でも、好奇心旺盛で自然が大好きな父は、行きたそう。

どうせなら、と思って行ってみたら・・・



f0053906_1981677.jpg

なんと、ヨットが羽虫みたいにびゅんびゅんびゅんびゅん!!!!!
風が強い日だったからか、もう、何隻も何隻も目の前を行き交っているではありませんか!!!

こんな風景、見たことない・・・!

いつもと同じ風景が、今日も同じとは限らない。

同じことが、仕事、遊び、人間関係、この世の全てにおいて言えるのではないだろうか。

世界は刻一刻と変化しているのに、自分の中のフィルターが勝手に「日常」や「惰性」を生み出してしまう。

歳を重ねて経験値が増えると、「どうせこんなものだろう」とか「行かなくても大体予想ができる」とか、どんどん世界を狭めてつまらなくしてしまう。

自分の中の経験値というフィルターを取っ払おう。

そうすれば、当たり前や変わり映えのしない毎日が、とたんに新鮮なものになるのだ・・・!
[PR]
by bebalanced | 2008-12-21 19:19 | Something New...
<< 田中愛子先生 秋冬のいけばな >>