Edition Koji Shimomura


Edition Koji Shimomura
にNYから帰国したいとこと同じくNYから帰国した友人を引き合わせ?るべく、女子3人で、ガールズランチに行って来ました!
一度やってみたかった、有給休暇を使って美味しいものを食べに行くこと。
今まで、有給休暇は美大のスクーリングや課題制作に全て消化されていたので、
こうやって遊びに使えることが心の底から嬉しい。
このレストラン、開店1年目(07年7月)にして、今年のミシュランで二つ星を取ったこともあり、予約キャンセル待ちで2日前にシェフ直々に電話があり、急遽行けることになったのでした。
ラッキー!!!
f0053906_21185987.jpg

六本木一丁目のティーキューブ内1Fに忽然と現れる白い壁。
目の前はちょうどお昼時、エスカレーターから流れ出るサラリーマンやOLを横目に中に、皆が働いているときにこんな優雅なランチができるという、非日常の贅沢に、ちょっとした優越感を抱きながら入ります(笑)。




f0053906_21191546.jpg

内装は下村シェフが手がけたという白と黒と茶をベースにしたモダン・シンプルなインテリア。
落ち着きます。
奥はワインセラーと個室になっている様子。照明の形が素敵です。
ランチコースは、4300円と6300円、13800円から選べ、私たちは6300円のものを頂きました。
f0053906_21192885.jpg

アミューズは、生ハムとケッパーの茎、バジル風味のミニハンバーガー。
生ハムって実は苦手なのですが(あの、何回かんでも噛み切れないゴムみたいな食感が)、これは美味しかった!バジルと生ハムって合うんだ~、と新鮮な感動を覚えました。
f0053906_2120461.jpg

f0053906_21202030.jpg

パンは、ちょっとハードな感じのシンプルなパン。友人は「バターはないの?」と言っていましたが、ちょっと同感。バターかオリーブオイルは普通出すよね・・・。
パンはちょっと塩味がきつめで、グラハム粉が入っているのか、ちょっとプチッとした噛み応えがあって美味しかったです。塩味のせいでシャンパンがすすむ・・・・。
f0053906_21203042.jpg

前菜は海水で軽く火を通した宮城産牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレ 岩海苔風味
ジュレが柑橘~!!!ですごく爽やかで美味しい!口の中がなんていうの、春になる感じ。
そして、海のミルクといわれる牡蠣が、プリプリで柔らかくてまろやかで、美味しかった~。
岩海苔のハードでちょっとごわごわした食感が、ミルキーな牡蠣と合わさっていい感じ。
f0053906_21204381.jpg

牡蠣の下にはさっぱりしたちょっと酸味のあるクリームソースに、シャクシャクした食感の青菜のみじん切りが入っていて、とても爽やかに美味しく頂けました。
f0053906_21205578.jpg

お魚料理は、カダイフを纏った的鯛の軽やかなフリット ブロッコリーのクーリとレモンのコンフィチュール。的鯛をトルコのスイーツのように糸状の衣で揚げたもので、衣がサックサクで、さっぱりしていて、舌の上でほろほろ折れて溶ける感じ。
的鯛はとってもふんわり、ほろり、甘くて、柔らかくて、温かくて、本当に美味しかったです。
ブロッコリーのソースとマーマレード風のジュレの上に乗っかっていて、一緒に食べるととってもお洒落な味。牡蠣に続いて、ここに来た甲斐があったと思った瞬間でした。
f0053906_2121845.jpg

お肉料理は、フォアグラ用に太らせた鴨のグリル。お肉は表面カリカリで中はミディアムレアで、塩加減がちょうど良かったです。スパイシーな赤ワインとよく合いました。いや、この赤ワインが美味しかった!!!!!いつも、こういうところに来ると、土の香りがするベリー系のフルボディを頼むのですが、ちょっと冒険して正解だった!
f0053906_21212043.jpg

デザートは、クリーム未使用のガナッシュショコラ ソルベ・カカオのパウダー。
ガナッシュショコラがね、パウダー状なの!!!
いとこの皿にギャルソンがおもむろに器にこんもりと盛られた黒砂糖のようなものをスプーンで盛り付けたとき、ぎょっとして何かと思ったんだけど、パウダー状に氷結したカカオのソルベですと言われて、へーそうなの!と新鮮な感動。
ちょっと冗談のようで、笑いながらもスプーンですくって口に運んだら、思ったよりもしっかりした食感で、舌の上でまろやかに溶けて、美味~~~!
そして、ガナッシュショコラがこれまたすんごく美味しかった!黒く光っているのはオリーブで、このガナッシュショコラにライムイエロー色したオリーブオイルを目の前でスプーン1杯注がれているの!チョコレートにオリーブオイル???ってこれまたびっくりしたんだけど、オリーブの塩味とチョコレートのほろ苦さのコンビネーションが面白くて、そして、美味しかったんだな~。
こうやって書いていると、デセールに対するサプライズ・感動が大きいことを発見。
本当にこのガナッシュショコラは美味しかった。4,5粒まぶされた岩塩もパンチが効いてていい感じ。

f0053906_21213799.jpg

カカオ水は、ほのかな甘みでデセールのアクセントになっていました。ラッパ状のグラスがお洒落。
f0053906_21215485.jpg

次はショコラムース。上の乗っかっているのはキャラメルソースにむかご。
ショコラムースも絶品だったぁ~~~。量はほんのちょっとで、小さなスプーンで5、6口ちょっとずつすくって食べる感じなんだけど、少量でも充分、感動を味わうことができました。なんていうの、静かな感動。
f0053906_2122541.jpg

お茶は、コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティーから選べるんだけど、私はハーブティーを。レモングラスやミントが効いてグリーンたっぷり、さっぱりして美味しかったです。
f0053906_21221547.jpg

12時から15時半まで、計3時間半もいたんだけど、あっという間でした!
お会計は私は6300円のコースにシャンパンと赤ワインのグラスで、11360円だったかな?
まぁ、美味しかったからよしとしよう。

このようにお料理は素晴らしかったのですが、気になるのがスタッフの対応。
お皿を片付けるときにガチャガチャと音を立てたり、お水のキャップを締める時に音を立てたり、グラスワインの注ぎ方がやや乱暴だったり、食べかけのパンを何も言わずに下げてしまったり。
ロブションなどのグランメゾンと比べると、細かい点が気になりました。

でも、女子3人でゆっくり3時間半もおしゃべりしたり、笑ったりしながら長居できたので、これくらいの気軽さでいいのかもしれません。
そして、最後はシェフがお店の外まで見送ってくれたのも好印象。優しそうなシェフでした♪

Edition Koji Shimomura、1年くらい時間を空けてまた行きたいです!
[PR]
by bebalanced | 2008-12-11 22:09 | Gourmet
<< 春菊と木耳の白和え さつまいもごはん >>