お口直しのワインとデザート:ミラヴィル・インパクト

外で食べたお料理がちょっと残念な結果だったとき、

今宵、このまま家に帰るのはなんとなく口侘しい・・・
どこかで口直しをしたい・・・

そう思うことってありませんか???

私はまさに今夜、銀座でそんな気分に襲われてしまいました。
某チェーン店のコースで、お肉やお魚、デザートを食べたのですが、
使っている素材、調味料の質があまりよくなかったのだと思います。
そして、お肉やお魚やお酒を飲むと、甘いものが欲しくなる・・・!
でも、楽しみにしていたデザートのあまりの質の悪さと言ったら・・・!
お店を選んでくださった方のお気持ちは大変ありがたく、嬉しかったのですが、
内容の面で本当にがっかりしてしまいました。

そして、帰り際、
「食べなおしたい!」
「飲みなおしたい!」
「それも上質なものを喉に通し、胃袋に収めたい!」

という切実な思いに駆られてしまったのです。

そんな時、銀座マロニエゲートの前を通りかかると、今年の誕生日祝いに行った駒場のミラヴィルの姉妹店、ミラヴィル・インパクトの看板を発見!

ここは、デザートをメインにサブでお酒またはお茶を出すという、今までにないコンセプトのお店。テーブル席とカウンター席で構成され、黒をベースにビビッドな赤や黄色などの原色を散りばめたインテリアは、ちょっとしたモダンアートの美術館みたい。現に、壁にオーナーのアートも発見。

赤ワインのグラスを飲みながら待つこと約20分・・・
(温かいデザートなので時間がかかるのです)
f0053906_1292760.jpg

運ばれてきたのは、アラカルトのトリフィーヌ。
中にはマロングラッセとトリュフ、外側をパイ生地で包んだデザートで、藁の上に乗ったトリュフに見立てたそうです。

f0053906_238381.jpg

カスタードソースとともに。中はしっとりしたパイ生地に、トリュフとマロングラッセがふんだんに使われていました。どっしりとして、古典的でいて斬新なミラヴィルらしいお味を堪能しました。

サービス料が入っているだけあって、ギャルソンの対応も心地良い。
銀座でちょっと飲みなおしたいとき、そして甘いものも楽しみたいとき、
くつろいでゆっくりおしゃべりしたいとき、おすすめのお店です!
[PR]
by bebalanced | 2008-09-24 01:38 | Gourmet
<< 高原淑女 Hanada Rosso ハナ... >>