里芋の胡麻味噌煮

まゆみさんのトークショーを聞いて、chieさんの日記を読んで、宇宙レベルで刺激を受けた私は、激しく心揺さぶられた(私は影響受けやすく、自分のスタンスを見失いやすいのです)。

そして、私にとってMacrobioticって一体なんなの?Macrobioticを通じてどうしたいの?Macrobioticをやる目的は?そもそも私はどうなりたいの?とwhy?why?why?で頭がパンクしそうに。

落ち葉に埋もれた落とし物を探すように、自分じゃない考えや思いは取り除き、自分の気持ちを見つめなおす。出てきた答えは、Macrobiotic Way of Livingをしたいこと、そして、美味しいMacrobiotic料理を作れるようになりたいこと、この2つだった。
そして、家族のおいしいを核にMacroibotic料理を外に広めていけたらいい。

やっと深呼吸、ハッピーな気分に♪

家に帰り、里芋を煮る。
f0053906_15473310.jpg

今朝食べたら、今まで食べてた里芋と全然違う!ぬめりがなく、むっちりした里芋に仕上がった。煮切った昆布がこれまた美味でご飯が進む。めでたく今日のお昼のおむすびの具になったのでした~♪



里芋の皮を剥くのではなくシャッシャッと削ぎ落とす。手間はかかるけれどこうした方が美味しいのだそうだ。塩でもむ。鍋にだし昆布を敷いて里芋を置き、水1cupに醤油とタヒニ(白ごまペースト)を大匙1半乗せ、弱火で水分がなくなるまで煮ること2時間!
[PR]
by bebalanced | 2006-01-18 11:41 | Macrobiotic
<< フムスサンドイッチ NON CREDO >>