小学校1年2組の担任S先生をモデルに練習

f0053906_7544251.jpg

金曜日は仕事帰りに小学校1年生~2年生の時の担任のS先生に、アロマテラピーのモデルになって頂きました。

S先生が、初めて持った担任のクラスが、私がいた1年2組。

あれから月日が流れ、小学校の同窓会で久しぶりに再会した時、S先生は先生を辞めて、ご自宅でエステサロンを開業していました・・・!
プロのエステティシャンにモデルになって頂くことは緊張しましたが、「生徒」になって教えを請うことに。

<背中>
「リズムが一定じゃないから、一定にした方がいい」
「スーッて行くところと、波打つところがあるから、タッチを一定にしたほうがいい。
受けている方は、”止まっている?!”と思ってしまう。
スーッと行った方が気持ちいいよ」

<脚の裏>
「前に進む時は圧がかかって気持ちいいけれど、引くときにフワって軽すぎる感じがする。
もっと密着してまとわりつくように引いたほうが良い。
手で引くんじゃなくて、腰から体の重みを使って引いた方がいいよ。」

<脚の表>
「足首の根元の辺りから、手が浮いている感じがするから、あと、指先で触っている気がするから、最初から手の平の付け根のところを密着させた方が気持ちがいい」

<デコルテ→首→頭>
「左手は筋に沿っているから気持ちいいけど、右手はちょっと横に逸れてる。力が横に抜けている気がするから、もっと真っ直ぐ抜けていいよ。首は横に力が入ると痛いけど、縦に入る分には気持ちいいから。」

<全体>
「部分部分でブツ切れになっているから、次の動きに移るときに、流れるように意識した方がいい」


夜8時ちょっと前に始めて、終わったのが9時半。
ちょうど1時間半、みっちり練習させて頂きました。
途中で空腹感でフラフラッときたけど、今、今、この瞬間を楽しんで施術しているうちに、空腹感や雑念を忘れて無心で施術してました。

気持ちよかったー!

S先生は、施術が終わった後、瞳がうるうるしてて、顔も紅潮してて、
「気持ちよかったー!私が習ったマッサージは、リンパをゴリゴリするやり方だから、やるほうも大変だし、受けるほうも痛かったりするのよ。
でも、bebaさんのは、そういう痛さがないから気持ちいいよねー。今度私も教えて欲しいなー」
と言っていただきました・・・!(ヤッター!)

さて、S先生のサロンは、駅から徒歩3分、3階立てのビルで、1階をフレンチレストランに貸していて、2階と3階がご自宅になっていました。なるほど、固定資産があるから、教師を辞めても退職金とサロンで生計を立てていけるのか・・・!
しかもお茶室もあり、茶道教室も開講するのだとか・・・。

振り返れば、アロマセラピーに興味がある、将来自宅で料理と組み合わせたサロンを開きたい、なんて話で相談をしながらお茶をしたのが今年の4月。
それが、半年後にはこうなっているなんて、誰が想像できたことでしょう・・・!
Organic Studio Swellの小畑美穂先生には、感謝してもしきれません。

来週の金曜日もS先生にモデルになって頂きます!
小学校の担任の先生とこうしてアロマテラピーを通じてつながれる、気持ちよかったって喜んでもらえるのって嬉しい!
[PR]
by bebalanced | 2009-10-24 07:57 | Aromatherapy
<< 気がついたら卒業していた・・・ Happy Organic S... >>