まだか漬け

f0053906_5212025.jpg

3日間かけて漬けた「まだか漬け」。

まだか、まだか、と漬け終わるのが待ち遠しくなるほど美味しい、というところからのネーミングだそうです。

黒豆をじっくりフライパンで炒って、熱々をジュッと漬けダレ(醤油と酢をあわせたもの)に漬ければ、シコシコとした食感のお豆になりました。

今回は、切干大根・人参のミックスと、納豆昆布を合わせてあります。

最初は写真のとおり、鷹の爪をポンと一本丸ごと漬けたのですが、味見をした結果、ピリリとした辛味はこの漬物には全体的にマストだと気付きました。
醤油+酢だけでは味がぼやけてしまうのですね。
2日目くらいで慌てて千切りにして全体に混ぜ合わせました。

このお漬物、かな~り陽性!
ごはんが進むので、一食あたり小さじ1くらいの分量でやめといた方がよさそうです(苦笑)

あと、おつまみにもぴったり!
お酒をたしなまれる方はお好きかもしれません(酒飲みの父は、作っているそばから、『これ、食べていい?』と聞いてきましたから・・・!)
[PR]
by bebalanced | 2009-03-01 05:25 | Macrobiotic
<< 桃の節句と歴博 タンカンと胡桃のドロップクッキー >>