<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

備忘録:Happy Therapyst Course

f0053906_21284257.jpg

スエレの美穂先生の授業では、
いつもいつも、私の中にストンと落ちる言葉でレッスンが進みます。
理屈っぽくなく、感覚で説明してくれるから、体で覚えられる。
思考から解放される。

思考でがんじがらめな時、思考でエネルギーが消耗している時ほど、
アロマトリートメントをやりたくなるのです。

土曜日はフランス旅行から帰国して、約3週間ぶりのレッスンでした。
スエレのスタジオについた途端、すごい癒されました。やっぱりあの空間はすごい!!!

全身のクラスで、いつもの和やかでゆるゆるな感じで進みました。
以下、今までの美穂先生語録をまとめます♪

<大前提>

自分が気持ちよくなきゃ相手も気持ちよくない。
(私の場合、思考が吹っ飛んで瞑想状態になると、死ぬほど気持ちいい。
そう言うとき、相手も気持ちいいって言ってくれる。
考えながらやっていると、相手に伝わっちゃってだめ)


<ストローク>

1-①施術している箇所を自分も伸ばす。

1-②手はスキャナー・アイロン。密着させる。今、今、この瞬間を意識する。

1-③おへそは3cm奥。

1-④胸を開いて肩は動かさない。

1-⑤上半身の力を完全に抜く(特に指、手、腕、肩)。
    ・特に器用に動いて頭が良い指先は使わない。
    ・手は、腕と肩の重みが伝わるように、だらんだらんにしてから、体の上に置く。

1-⑥老廃物をリンパに流すときは、必ずゴミ箱まで運んであげる。
中途半端なところで手を止めると、相手は「アレ?」って感じで満足できない。
例えば、背中のトリートメントで、大腸の老廃物を浮き上がらせて、
肋骨から肩胛骨のリンパに乗せて、首の横のゴミ箱まで運んであげるんだけど、
私は首の後ろくらいの適当なところで手を止めてしまっていたので、
ゴミ箱まで老廃物が行き届かず、途中で貯めてしまっていたということです!
恐ろしい!今までのモデルさん、ごめんね!!!

ストロークのルートを覚えたら今度は・・・

2-①呼吸のリズムを一定に。
吸って、吐いて、一定の呼吸でストローク。リズムが大事。
例えば、背中の肋骨→肩胛骨→首にかけてのストロークで、
自分の肋骨を伸ばすストレッチがあまりに気持ちいいもんだから、
すっごいゆっくり、まったりなストロークになっちゃってたんだけど、
それでは逆にお客さんに疲れを感じさせてしまうらしい。
今までのモデルさん、ごめんなさい!)

その他、

●胃を半分、というか、これ以上小さくできない!ってくらい、パタパタパタッとたたむ。 どういう時かというと・・・
・ドラゴンボールのカメハメハの時。
・デコルテのトリートメントで、息を吐いて胸を開いて相手の胸を伸ばすとき。
・頭からの背中のストロークのとき。

●重要なポイントは線で意識。
「ここを効かせたい」というポイントを押さえて、線、線、線を意識して施術。

●すっぽり収まるところまできちんと指を持ってってあげる。
中途半端なところで止まると不満足。
特に、背中から首の付け根に指を入れるとき。
そして、自分の首の付け根も気持ちよくストレッチ♪

今日のところはこんな感じ~。
今週末はwちゃんの全身コースだから、楽しみだなぁ♪
[PR]
by bebalanced | 2009-09-30 21:28 | Aromatherapy

女になりたい?!

f0053906_21204755.jpg

「ふふふ。女になりたいのね~♪」

Organic Studio Swellの小畑美穂先生がそう言ったとき、
思いもよらない言葉に、私は目が点、口あんぐりだった。

それは、レッスン中、美穂先生が、小さなルームスプレーをシュッシュッと吹いたときだった。
私は思わず施術の手を止めて振り返り、美穂先生に向かって、
「何これ?何ですか?すごいいい香り!!!」
聞けば、そのスプレー、イランイランとトウモロコシを発酵させたアルコールで作ったものだとか。

それにしても、女になりたいだなんて。

美穂先生曰く、仕事中はどうしても男性モードになるため、
特に仕事で忙しい女性は、女性性へのスイッチの切り替えが難しいんだって。

言われてみれば、今まで、仕事に自己研鑽に、
これでもか、というほどストイックに自分を追い詰めていた私は、
すご~く男性モードになっていたんだと思う。

それが、美大を卒業し、仕事も穏やかで緩やかになった今年に入って、
それまで押さえ付けられていた女性性が、ようやく顔を出すゆとりが出てきたのかな。

そうか、私は女になりたかったのか。

そうだとすれば、理屈ではどうしても説明がつかなかった自分の反応、心理に、すべて説明がつく。

たとえば、小畑先生に初めてトリートメントしていただいたとき、
腰からおしりにかけてのマッサージにさしかかった途端、
嗚咽が出て、涙が後から後からあふれ出てきた。
土曜日、和歌ちゃんにトリートメントしてもらったときも、
腰に手が当たっただけで、あまりの気持ちよさにハッとして、涙が出そうになった。
自分では一体全体どうして、「腰のその部位」に反応するのかわからなかった。

でも、美穂先生曰く、腰は生命が生まれるところ、いのちの源で、
女性は気持ち良く感じるけれど、男性はくすぐったがるんだとか。

その説明を聞いただけで、私は涙が出そうになっちゃった。
だって、なんか私、自分の生命の源、女性性を、とってもおなざりにしてきた気がするんだもの。
そしてそして、そうか、だから、私は、腰を優しく撫でられたりすると、
嬉しさのあまりに感極まって涙がこみ上げるんだ、って思ったの。

ここ最近、今まで甘ったるくて気怠かったローズの香りを嗅ぐと、
不思議と心地よくハートがくすぐられて、満たされてハッピーな気持ちになったり、
フランス旅行中も、やたらとハート形の物に心が惹かれたりする自分の変化に驚いていたの。
前は、あまりにもベタで嫌だったの、ハートって。

そう言えば、伊東先生は、ハートと腰はクロスリンクしているって言ってたなぁ・・・。

腰の刺激に涙する反応、ローズの香りやハートへの愛着・・・。
すべて、「女になりたい」の一言で説明がつく。

そうだ、私は女になりたいのだ。

ちなみに美穂先生曰く、クレオパトラはフレグランスをうまく使い分けていたのだとか。
政治の場面で男としての役割を求められるときは、男性の香りを、
女性性を発揮するときは、女性の香りを。

「私もクレオパトラになれるかも?!」と、早速、勢い勇んでその小さなスプレーを購入し、
帰宅後、お風呂上がりに「そんなに女になりたいなら、とことんならせてやる」とばかり、
顔に向かって思いっきり2,3プッシュ、スプレーを噴射させてみた。

そしたら、とたんに肌にピリピリと焼け付くような痛みを感じ、
「イテテテテ!」と洗面所に駆け込んで水でジャージャー洗い流しました。

そっか、化粧水じゃないんだから、顔にはスプレーしちゃいけないんだ(笑)。

美穂先生は、私の中から、自分では気がつかないけれど確固として必要としているものを、
アロマの香りやマッサージを通じて、うまく引き出してくれて、教えてくれるんじゃなくて、気づかせてくれる。
これってすごい。

日曜日はさらにすごいサプライズが用意されていた。
美穂先生に感謝してもしきれない。
美穂先生、ありがとう。

スプレーの詳細:VIE AROME社のルームスプレー serenitude
使用目安:一回に3度スプレー、毎日3回続けて使用すると、50mlタイプで約40日使用できます。
(写真は15ml。ブドウ種子アルコール75%、エッセンシャルオイル25%)
[PR]
by bebalanced | 2009-09-30 21:21 | Aromatherapy

アロマセラピストとしてのマナー

f0053906_20413584.jpg

土曜日は、10月30日(金)から11月5日(土)にプランタン銀座で開催されるアロマテラピーフェア2009に向けて、稲葉先生から、アロマセラピストとしてのマナーの講義を受けました。

お客様にリラックスして頂ける空間と時間作りのために、大切なことを教えて頂きました。
開催当日はもちろんのこと、練習モデルになっていただいている大切な人たちに、嫌な思いや不快感を与えないために、すっごい参考になりました!

<会話>
・自分から意見したり話題を振らない。
・お客様の話に判断や解釈をしない。
・アロマを受けに来る人は、ストレスを強く感じていたり、欝の人もいらっしゃるため、「頑張ってくださいね」は禁句。
・お客様のおっしゃることに相槌を打ち、リピートする。
そうすると、ちゃんと伝わっているんだ、受け止めてくれているんだ、と安心する。

<清掃>
・服やアクセサリーを入れるかごや小物入れに髪の毛やゴミが入っていないかチェック。
・お客様の目に留まるところは清潔に。

<時間>
・予約時間に遅れてきたお客様がいらっしゃったら、後ろにずらさず、その分、施術時間が短くなる旨を伝え、了承を得る。
・予約時間より早く着いたお客様には、ローブに着替えた後は待たせない。

<服を脱ぐ前に>
「お手洗いは大丈夫でしょうか?」

<施術の前に>
「これから施術をさせて頂きます。どうぞリラックスなさってください。」

<施術中>・圧の強さが不安だったら・・・
「お力加減はいかがでしょうか?」と声掛けする。
→もっと強く、と要求されても、自分の体を痛めないように気をつける。
(「自分が気持ちよくなければ相手も気持ちよくない!」)
→でも、どうしても強く、と要求されたら、
「皮膚のすぐ下にリンパ管があるので、強くやりすぎると流れなくなります」等説明する。

<施術の後に>
「脚がお疲れのようでしたので、少し重点的にやらせていただきました。」
最後に一言添えるだけで、ぜんぜん印象が違う。

<帰る前に>
「忘れ物はございませんか?」
特にアクセサリー類の忘れ物が多いので注意。

稲葉先生は、色々なサロンでの施術を経験された後、ご自宅でサロンを開いている経験豊富でとってもチャーミングなお方。
これから沢山いろんなことを吸収できそうで楽しみ~♪
[PR]
by bebalanced | 2009-09-19 10:01 | Aromatherapy

施術している箇所と同じ部位を、自分も気持ちよく伸ばす

土曜日は、大学時代からの仲良し、Y子の全身トリートメント。

私は、彼女の発する雰囲気、心遣い、感性、すべてが本当に大好きで、
あこがれの女性でもあり、うーーーん、なんだろう、とにかく好き(笑)

日頃、Y子には本当に色々お世話になっていて、
私がプライベートで泣きじゃくって電話した時も、
すごい優しく話を聞いてくれて、いつもアドバイスをしてくれたなぁ・・・。

彼女は社会人になってから腰を痛めてしまったのですが、
平泳ぎスタイルで腰をトリートメントしたとき、
彼女の腰周りの冷たさに、ハッとしてしまいました。

トリートメントをしていくうちに、だんだんと腰が温まるのを感じたのですが、
いつもより2倍くらいペースを速くして、2倍くらい時間をかけて、
やっと、背中と同じくらいの温度になりました。



そして、当日の私の最大の課題だった、ふくはらぎと太ももの裏のトリートメント!!!
できなかった原因がわかりましたーーー!

・両足は肩幅程度に広げて、
・おへそは3cm奥で、画鋲で留めて固定。

・胸を張って、
・肩の位置は動かさない。

・かかとは地面につけたまま、
・膝を曲げて、
・遠くの棚にある物を取るかのように、
・腕を動かす。


原則はシンプルで、

「施術している箇所と同じ部位を、自分も気持ちよく伸ばすこと」

ふくらはぎをマッサージしているときは、自分のふくらはぎの筋が気持ちよく伸びる。

ふとももの裏をマッサージしているときは、自分のふとももの裏の筋が気持ちよく伸びる。

これを体感したら、あれよあれよと、町田先生から、

「そうそう、できてる、できてる~~~~♪」とスウィートなお褒めの言葉を預かりました♪

いやぁ~、練習すればできるんだなぁ~。

なんでできなかったかというと、わたしはかかとを地面につけず、
つま先立ちで施術していたから、ふくらはぎが伸びなかったんですね~汗。

試行錯誤して先生にチェックいただいているうちにわかりました♪ほっ
できないできないってあきらめないことが大事ですね♪

この後は、翌日のバイオダイナミック祭りのトリートメントの最終確認をした後、
青空禅フォーラムに45分ほど遅刻して(会場に入るとき階段でズッコケました:汗)参加。

分刻みのハードスケジュールな一日でした。
でも幸せだった♪♪♪
[PR]
by bebalanced | 2009-09-09 05:03 | Aromatherapy

8月のいけばな

8月の一ヶ月間は、「浮き花」といって、涼を楽しむためのいけばなを習いました。
夏は水が腐りやすく、花が長持ちしないため、お客様をもてなす間のほんの2時間程度の間、涼を楽しんでもらおうというもの。
f0053906_9235637.jpg

木イチゴの葉、ダリア(残雪、ババロッサ)、サンダーソニア、デルフィニューム、スプレーカーネーション(モカスウィート)
第一回目は、浮き花を使って普通の投げ入れをいけました。
浮き花の花材は、通常より、重さも印象も軽やかであることが特徴です。
f0053906_9332368.jpg

ほかの生徒さんの作品。ダリアのちょっとグロテスクな深紅と白がモダンな印象で素敵です。

そして、2回目からは、本格的に、浮き花に入りました。
f0053906_9304331.jpg

野バラ(緑色の実がそう)、りんどう、ピンポン菊です。
初めて使う花器で、ピンポン菊を水に浮かべ、水面で遊ばせます。
空気の流れによって菊が漂う様は、まさに涼。

f0053906_93373.jpg

最後は、カラジューム(大きな葉)、アンセリューム(赤い花)、トルコ、サンダーソニア(黄色の鈴みたいなお花)、パンダナス(細長い葉っぱ)。
パンダナスを橋に見立てて器に立て、アンセリュームを髪飾りのようなアクセントにしてみました。
浮き花は剣山も枝も使わないので、安定感が大事です。
f0053906_9374712.jpg

ほかの生徒さんの作品。

浮き花は、茎を使わず、花だけを水に浮かせるので、家の玄関でいけなおしても、1週間ほど持ちました!
今日から秋のいけばなです♪
[PR]
by bebalanced | 2009-09-02 08:21 | Flowers