「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Desk Work Reset

f0053906_2243076.jpg

Desk Work Reset。
それは、小畑美穂先生が考案した、デスクワークによる目、首、背中、腕、手が疲れた人のためのアロマセラピー。

会社の先輩、同期、後輩、友達、家族・・・

私の周りのほとんどの人に喜んでもらえる!!!と、ワークショップに飛びつきました。

集まっていたのは、既にご自宅でサロンを開いてらっしゃるお姉さま方たち含め、全て初対面の方たちが8人ほどでした。

午前中は講義で、使用する精油やグッズの説明を受けます。

お昼は、なんと美穂先生の特製カレー&天然酵母パン&デザート!!!
f0053906_20341214.jpg

「ぼくを食べて?」と今にも訴えかけてきそうなジャガイモが丸ごとゴロゴロ入っているカレーは、もう見るからに美味しそう。

デザートは、ローズヒップティーと蜂蜜のジュレ。
その乙女心をくすぐる深紅の色彩に、胸がときめくのなんのって、ドキドキしちゃいました。

お腹の中にバイタルエナジーがたっぷり入ったところで、午後から実技に入ります。

教わったことはここには書ききれず、

ただただ、終わった後は、運動会の後のような、楽しい、スーパーな疲労感。

「3kgは痩せたよ」と言われるほど、みんな良い意味で、げっそり・・・(笑)

楽しかったーーー!!!

本日、レッスンの時に、ワークショップで紹介された109というフリクションオイルとアロエベラオイルを購入。
家に帰って、母、父、兄にやってみました。

特に、日曜日だというのに家で仕事をして、せっかく作ったエクセルデータを上書きしたため、全てのデータが飛んでしまったという惨事に遭った母は、109のフリクションオイルで首筋をスーッとさせ、頭、首、肩のマッサージをとても喜んでくれました♪

手と腕につけたアロエベラオイルも喜んでくれて、嬉しかったなぁ~。

大切な人に「気持ち良い」と言ってもらえるのって、なかなかできないこと。
有り難く、幸せなひと時でした。

しかし、3人いっぺんにやると、さすがに腕や手が疲れてしまいました。
疲れるということは、腕や手に力が入っているということ。
もっと体を使って手や腕に力が入らないやり方を心がけなくっちゃと思いました。

[PR]
by bebalanced | 2009-08-23 20:24 | Aromatherapy

腰に焼き鳥の串、おへそに画鋲。

f0053906_2036948.jpg

日曜日のトリートメントで、克服できなかった課題。
それは、脚裏のふくらはぎと太腿のマッサージの時の姿勢。

腰が左右に揺れちゃうの(くすん)。

悪戦苦闘している私のところに、スウィートハートの塊の同期のwちゃん、一生懸命助けてくれようとしました。

wちゃんは、ベリーダンス歴8年のベテランで、腰のことなら任せて!って感じなのです(笑)

wちゃん語録。

「あのね、bebaちゃん、どうしたらいいのかなー、
腰のところにね、焼き鳥の串が一本刺さっていて、固定される感じ。
おへそは画鋲が止まっていて・・・」


私、一生懸命、腰骨が焼き鳥だと思って、串が刺さって固定されているイメージで、腰を動かす。

「そうそうそう!!!」

それでも、怪訝な表情の私に、次のwちゃん語録。

「腰がガラスの板にピタッと挟まれている感じ。そうすると、前と後ろには動かないよね。」

「ここの筋肉を上下させるの。触ってみて、ここ、ここ」

自分のベリーダンスで鍛えたしなやかで余分な贅肉が一切ないお腹と腰を触ったら、
筋肉がちゃんと動いてる!!!

私、一生懸命真似たら、「そうそうそう!!!」って言ってもらったけど、今度、そのままモデルさんの脚で手をつけたら、ギクシャクした操り人形みたいな挙動不審の動きになってしまった(泣)

M先生も、一生懸命優しく教えてくださいます。

「肩が動いているよ。胸を開いて肩は動かさない。」

「腰が左右に動いているよ。」

「腰を落として、おへそに引っ込めて。」


・・・・・そうこうしているうちに、タイムオーバー。

腰に焼き鳥の串、おへそに画鋲、は、来週の課題に持ち越しです。

M先生、wちゃん、お二人のスウィートハート、どうもありがとう~(涙)

帰りは、Hさんとwちゃんと、プラチナ通り沿いのカフェ、Blue Pointでランチしながらガールズトーク。
「bebaちゃん、そんなんじゃダメだよ~~~!!!」と、ダメだしの嵐を受け、自分が今おかれている状況が客観視できて、女友達のありがたさを骨身に染みた日曜日でした。

幸せ~~~~~♪
[PR]
by bebalanced | 2009-08-23 20:09 | Aromatherapy

力を抜く

土曜日に行き詰った課題を克服すべく、日曜日は、私の大好きな会社の先輩、Hさんにモデルになっていただきました♪

グルメ、芸術全般、娯楽全般、一流どころをたっくさんご存知のHさんへのトリートメント、自分でもよくお願いできたもんだ・・・と思いながら、今朝は初めて、今まで投稿したブログの記事を読み直し、おさらいしてから家を出ました。(もっと早くからやっておけばよかった)

そして、いざ、Hさんにトリートメント台にうつ伏せになって頂き、深呼吸してストレッチをして精神統一して、心と思考を無にして始めます。

前日の兄の施術の課題、背中と脚のチャーリーズエンジェルレーザー光線逃げ姿勢から、ドラゴンボールのカメハメ波姿勢に移る時のへっぴり腰。

「肩に力入ってるよね。抜いて。」

「腰が出てる。」

「おへそが出てる。おへそに力を入れて。」

「お腹にボールを抱えるように背中を丸めて・・・」

「重点は後ろの軸足に完全に委ねて・・・。
そうすると、前足は完全に上がるよね。
おへそに力を入れて、残りはブラブラブラ~って力を抜いて。」


何度も、色々な角度からM先生にご指導して頂きながら、

「背中を丸めて・・・」という言葉に、私の頭の中のセンサーがピンッと反応しました。

次の瞬間、「そうそうそう~~~~できてる、できてる~~~~♪」とM先生の嬉しそうな優しいお声。

あれ?あれ?これ?これ?これ?

上半身の力を完全に抜いて、肩の力を抜いて、おへそだけに集中して、後はモデルさんの脚につかまるように自分の体重を委ねて、スーーーーーーーッ。

自然に背中は丸まり、お腹に大きなピラティスサイズの空気のボールが収まり、後は自然に潮が引くように身体が下がってく・・・。

無意識のうちに、片足は柔らかく宙に浮き上がり、軸足はしっかりと地に根を張っていました。


それができてからは、もう気持ちよくて気持ちよくて、ずっとやっていたいくらい。

ずっとやっていたいくらい。ずっとやっていたいくらい。

時間の制約上、次のパーツに入りましたが、至福の時を味わいました。

Hさんも、「脚が気持ちよかった」と言ってくださいました♪

女は抱かれる生き物
[PR]
by bebalanced | 2009-08-23 19:55 | Aromatherapy

初の男性モデルは、兄。

f0053906_20305844.jpg

今週のレッスンは、最後の全身2コース前の、総復習で、今まで習ったパーツをおさらいする時間にあてました。

土曜日が、なんと、うちの兄!!!
奥さんが帰省している間、実家に泊まりに来ている兄に、「モデルやってみる?」と聞いたら、二つ返事でOKが出たので、初めての男性モデルに挑戦しました!

私がアロマセラピーを習い始めた大きな理由のひとつ。
それは、家族や友人や、私が普段お世話になっている大切な人、私が大好きな人に、お料理やいけばな以外の方法で、気持ちよくなってほしかったから。

こりゃラッキー!ってことで、ウキウキワクワクしながら、でも、初の男性モデルだし、大丈夫かなぁ、という不安もあり、土曜日の午後4時を迎えました。


ベッドを組み立てて兄にうつ伏せになってもらい、背中のトリートメントを始めたのですが、

ひ、広い。(面積が)

あ、厚い。(幅が)

か、固い???(皮膚が)


イルカとかクジラとかアザラシとか、あの類の動物の皮膚をトリートメントしているみたい。

自然、力が入ってしまい、スエレのエアコンレス室内(扇風機1台オンリー)の中、滝のように流れ落ちる汗。

案の定、背中や首は、兄もあんまり気持ちよくなかったみたい。

唯一、ふくらはぎと太ももの裏のトリートメントは、私が無心になって、トリートメントする気持ちよさを味わえたのですが、

面白いことに、兄も帰宅して「どこが気持ちよかった?」と聞いたら、「脚」と答えていました。

パンパンに腫れていた足が、トリートメントしたら、柔らかくなっていたもんなぁ・・・。

疲れてるんだなぁ、お兄ちゃんの脚・・・。

やっぱ、自分が気持ちよくなきゃ、相手も気持ちよくないんだなー・・・。

しみじみ感じてしまいました。

この日は、初めて、先生の手が離れて、自分ひとりでおさらいする時間で、行き詰った時だけ、「せんせ~い」と3階にいるM先生を呼び出して来ていただく方法でした。

自分ひとりで一通り施術して、初めてわかったこと、行き詰ったパーツは・・・

①背中と脚のストロークで、引く時の腰がへっぴり腰になること。
伸ばす時は、「チャーリーズエンジェルのレーザー光線逃げ」で腰がぐっと入るんだけど、
引いて支点の脚に重心を委ねる時、どうしてもへっぴり腰になっちゃうの。

②脚裏のふくらはぎとふともものマッサージの時、腰が左右に振れちゃうこと。
本当は、お尻フリフリしてぶれちゃいけないのだけど、そうなっちゃうんだよなぁ~。

M先生にご指導いただいたのですが、もうわけがわからなくて頭がショートしたので、これは翌日の課題に持ち越すことになりました。

トリートメント後は、放心脱力状態なほど疲れてしまい、帰宅途中で飲んだ冷たいスパークリングウォーターの胃にしみて美味しいこと、美味しいこと。

それでも、帰宅後は、前の日に習ったDesk Work Resetの復習を兄を使って行い、
兄にはたっぷり練習台になってもらった土曜日でした。

次の日曜日は、会社でお世話になっていて、私が大好きな先輩にモデルをお願いしていたので、ベストコンディションで臨むべく、夜9時には就寝したのでした。

写真はOrganic Studio Swellに続くプラチナ通り沿いの並木道から空を見上げたところ♪
私の好きな景色です♪
[PR]
by bebalanced | 2009-08-23 19:06 | Aromatherapy

すべてを溶かす歌声

f0053906_7381089.jpg


私が、オペラ歌手SLAVAのave mariaと最初に出会ったのは、大学2年生の頃でした。

映画「フィラデルフィア」の中に、エイズにかかった弁護士を演じるトム・ハンクスが、絶望の淵に打ちひしがれる時、部屋に一人、一人掛けのソファに痩せ細った身をうずめて、カッチーニのave mariaを大音量で聴きながら、頭を抱え、号泣するシーンがあります。

ブラウン管から、トムハンクス演じる弁護士の苦悩と心の叫びが、痛いほど伝わってきて、涙が体の奥底から搾り出されるかのように出てきたのを、今でも覚えています。

当時は、このave mariaが誰が歌っているのかわからず、CDショップで探しても、見つかりませんでした。


そして、先週のスエレでのアロマトリートメントのレッスンの時、

この歌声が、

流れたのです・・・・・・・・・・・!!!!!

私は時が止まったかのような感じがして、思わず手を止めて、

「先生!これ、誰ですか?!」

と聞いてしまいました。

全てを溶かすような歌声。

過去に犯した過ちも、負った傷も、負わせた傷も、全て許され、

今、ただあることを許されている、

そんな大いなる存在の愛を感じます。


今、自分の部屋でこの歌声を聴くことができる奇跡のような喜び、

めぐり合わせてくれたスエレの美穂先生に、感謝。
[PR]
by bebalanced | 2009-08-21 07:39 | Something New...

おへそは3cm奥!

先週の日曜日のレッスンで、私がデコルテをマッサージしていたときのこと。

モデルさんが、苦しそうな声で、こう訴えてきました・・・。

「あの、bebaちゃん、お胸、お胸が・・・」

「お、おムネ?!」

思わずそう聞き返すと、

「そう、温かくてとても気持いいんだけどね、
お胸がさっきから頭のところに当たっているの・・・」

ハッとして、私。

「あの、これ、これ、

私のお腹です---!!!」

ここで、先生も、一緒にトリートメントをしていたwちゃんも、抱腹絶倒。

思いっきり体曲げて手叩いて笑ってるし。

私、本当にショックで、Tシャツまくってwちゃんのところに突進。

「私のお腹、お腹、みて、みて」

きっと気が動転し過ぎていたのでしょう・・・。

wちゃん、わたしのお腹を指でつんつん突っついて、

「ほんとだー!!!bebaちゃんのお腹、柔らかい!!!」

(全然フォローになってません。wちゃん、素直過ぎ・・・)

つまり、この教訓は、

おへそは3cm奥に引っ込めること!

おへそを奥に引っ込めないと、お腹が出てしまって、わたしのような惨事が起こるのです。
モデルさん、窒息しないで良かった・・・。

そうそう、あと、脚の表側をマッサージする時のポイントは、腰をスライドさせる動き。
チャーリーズエンジェルが、後ろから追ってくるレーザー光線を避けるみたいに
お尻を「エイッ」って引っ込めることだそうです。
別名、「おっぱい攻撃」とも言う・・・(大笑)


私、図に乗って、「エイッ」「エイッ」を連発していたら、

「誰か止めてこの人・・・」と先生。

この日を境に、食事の量が自然と減り、運動量が増えたのは、言うまでもありません(笑)
[PR]
by bebalanced | 2009-08-18 07:12 | Aromatherapy

自分が気持ちよくなければ相手を気持ちよくできない

f0053906_7101887.jpg

昨日のレッスンは、(前々から薄々は感じていたけれど)
スエレ流(小畑美穂先生流)アロマテラピーの奥深さを、
理屈や頭でなく、体で叩き込まれた、そんな2時間だった。

言葉にしてしまえば余りにもシンプルなんだけど、
シンプルがゆえに、頭でわかった、OK、と了解しても、
体が付いて行かない。


このもどかしさ、本当に自分が言うこと聞かない感じ、混乱、支離滅裂さを、
初めて味わったのが、昨日だった。

でも、脚の表のふくらはぎの筋肉の、先生曰く、表層から1cm奥、を触っている時、
あれは気持ちよかった・・・(遠い目)

・・・で、何が大変だったかというと、デコルテから首の裏にかけてのマッサージ。

ベッドの上に寝る人体が(すっごい細くて華奢なモデルさんなのに!)、こんなに重いとは・・・

デコルテから肩の下に手をすべらし、
手の平を上にして体とベッドの隙間に差し込んで、
肩から首に手をスライドさせるんだけど、
そこからが、ものすごい抵抗を感じて、手が動かない!進まない~~~~!

一生懸命腕の力と指の力を使って手を横に滑らそうとするんだけど、
ぐぐぐぐぐぐって、すごい疲れるし、なんだこりゃ、って感じ。

先生が、

「水に浮いた人を下から支えるように」
って言われても、(この人水に浮いてないし、重いんだよぉぉぉぉ~~~!!!)(心の声)

先生が、

「手、指、腕の力は使わない。」
「指を使ってルートを探そうとしない。」
「手にこんなに力はいってるよ。手に力入れない。」


って言われても、
(手に力入れないでどうやって動かすんだよ~~~!とにかく重いんだよ~~~!)

腕の筋肉をひくつかせて悪戦苦闘している私の横で、涼しいお顔をして先生曰く、

「北海道では冬はミトンという手袋を使うんだけど、それは4本の指がくっついているのね。
そのミトンをはめてマッサージする感じ」


(ぜーはー。そこまでして指を使っちゃいけないのね)

先生が、

「腕や手で動かそうとしない。ほら、ここで手が行き詰ったよね?
そしたら、体を動かして調節する。」


(「体を動かす」と聞いて、私、足を後ろに動かす)

先生、

「足は立ち位置のまま、動かさない。」

(私、頭ぐるぐる、星が飛び始める☆~☆~☆~☆~☆☆☆)

私、思い余って先生に、

「だって、重いですよね?
ベッドと体の隙間に手を差し込んで動かすって、
コニシキ(お相撲さん)だったらどうするんですか?!」

先生、

「ぜんぜんできるよ~。私、栃の〇っていう相撲取りの専属セラピストだったもん。」

私、驚愕、絶句。

先生が、

「腕がこんなに曲がってるよ。腕はこうだよね(真っ直ぐになっている)」

私、このあたりでいい加減、頭が真っ白になり、エゴが吹っ飛び始めたのか、
何かピンとくるものがあって、腕が伸びる感じにしてみた。
そうしたら、自然に、足の立ち位置はそのままで、おへそから後ろに上半身を動かし、腰が低く落ちる格好になった。あれ?これが「調節する」ってこと?????

そしたら、モデルさんが、「あ、気持ちいい。ぜんぜん違う」ってつぶやいた・・・・・!!!

私、まだ違いがわからない。でも、先生も、

「そうだね、ぜんぜん違ってきたね。わかってきたね。あ、涙出てきちゃった・・・」

へ?へ?へ???

でも、確かに、ぜんぜん重みが違う!!!!!!
あんなに重くて仕方がなかった肉の塊が、1/4くらいの軽さになった!!!

で、このあたりから、モデルさんの体の重みを使って手を滑らす、ということがわかり始めてきた。
モデルさんの体の重みを利用して、重いからこそ、思いっきり私の体を委ね、預けてしまっていいのだ。
そこに、私の力なんて入れたら、反発するだけなのだ。抵抗を感じるだけなのだ。


結果的に、首の付け根のところまでスーって手が滑って、最後はすとんって床に尻餅ついてしまった。

そしたら、先生が、

「それでいいんだよ~。私もよく転んだりするもん。クライアントさんの筋がやわらかくなるにつれて、転ぶ位置も変わるし。」

私が、「手の力使わなくていいんだね!腕の力要らないんだね!」って感動して叫んだら、

「最初から同じことずっと言ってるんだけどね~」(はい、すみません:笑)

自分の力でクライアントさんをマッサージしようとしたら、苦しくて苦しくてたまらかった。
クライアントさんも「ただ表面的に手を動かしている感じ」と言って、気持ちよくなかった。
でも、自分の力を捨てて、クライアントさんに手を動かしてもらったとき、私は、とっても気持ちよかった。
クライアントさんも、「すご~い。別人みたい。手が密着している。」と言ってくれた。


いけばなで言うところの、「あなた任せ」ということだろうか・・・。
エゴを入れない。力を入れない。体の重みを使ってトリートメントする。

改めて、「自分が気持ちよくなければ相手を気持ちよくできない」スエレ流トリートメントの真髄を味わったのでした。

写真は、先生が用意してくれたミントティー♪野生の力強いミントの味がして愛おしい味がしましたー♪
[PR]
by bebalanced | 2009-08-18 07:09 | Aromatherapy

やっと干せた梅干2009

f0053906_682314.jpg

今か、今か、と待ちわびた晴天。

台風が去ってやっと干せました、今年の梅干5KGです。

今年は、赤紫蘇を入れずに白梅のままで干しました。

本当は2年くらい漬けたかったのですが、やり方が悪かったのか、梅酢に異変が・・・!!!

白く濁り始めてしまったのです。(カビなのかナンなのか???)

途中で重しを取ってしまったのが良くなかったのかな?????

なぞは消えぬまま、2年漬けの予定は急遽変更、干すことに致しました。

梅酢に異変があったものの、梅には影響は及ばず、無事に梅干ができそうです(ほっ)

今度、梅干の達人に3年漬けの方法をお聞きしたいもの。

しかし、毎年、梅干作りは慌しい日常生活の中、

6月になると、

「梅買わなくちゃ!」

梅が届くと、

「え???!!!どうやるんだっけ????塩分何パーセント?!」

梅を漬けたら、

「カビないかしら???」

梅を干すまで、

「3連続で晴れる日はいつ???」

・・・と心配しながら、けっこうハラハラドキドキなプロセスを経ているのです。

今年の梅はどうできあがるのやら。
[PR]
by bebalanced | 2009-08-12 06:08 | Something New...

白金台で気軽で美味しいイタリアン・・・PER REGALO

白金台で美味しいイタリアンのディナーを食べたいなぁ、と思っても、大体がコースで、お値段も8,000以上はしてしまいます。

でも、そこまでお値段を張ることなく、
アラカルトで気軽に頼めて、
美味しくて、
チェーン店じゃなくて、
お店の雰囲気が良さそうなイタリアンはないものか・・・

と探していたところ、見つけたのがここ、PER REGALO

白金台1番出口、東急ストアの横断歩道を渡った目の前にあり、きっと、白金台の駅に降りた人なら誰でも目にしたことのあるはずです。
1Fがカフェで、2Fがレストランになっていて、1Fからはピザを釜で焼く様子が見られます。
2Fはオープンキッチン。ワインセラーもあり、黒と赤をベースにしたシックなインテリアです。

まず、自家製サングリアと付き出しで出てきたタコとオリーブのトマト煮込みが美味しかったので、ここは大丈夫だろう、と思ったのでした。

12品目の有機野菜サラダ ビネグレットドレッシング、サーモンと玉葱のレモンマリネ。
f0053906_7592779.jpg

サングリアは甘すぎず、苦すぎず、ほどよい美味しさで、喉越しが良く、わたしは一気に飲み干しました(だって、施術の後でのどが渇いていたのです)
サラダも、野菜の甘みがしっかり味わえて、ドレッシングもちょうど良い味。
サーモンのマリネも、レモンの風味が程よくきいていて、美味。

次が、焼水茄子のラザニア風ボロネーゼソース。
f0053906_7593897.jpg

茄子、ラグーソース、パルメザンチーズを重ねてオーブンで焼いたもの。
ラグーソースがさっぱりしていて、パルメザンも軽くて、厚切り茄子がジューシーで美味しかったです。

パスタはアマトリチャーナ パンチェッタベーコンと玉葱のトマトソース。
f0053906_7595044.jpg

パスタはアルデンテ!お皿も温めてあって好印象。
ベーコンが脂っぽいソースに当たると残念な結果になるのですが、こちらのはさっぱりしてて美味しかった!

ピザはフランチェスカ(モッツアレラチーズ・ボッコンチーニ・アンチョビ・ケーパー・ブラックペッパー・ルッコラ・セミドライトマト)
f0053906_80268.jpg

生地はもちもちとパリパリどちらか選べるのですが、わたしは薄い方の生地にしました。
久しぶりに美味しいピザでした!
個人的には、もう少しドライトマトが欲しいところ(あれ?あったっけな?という印象)

f0053906_801531.jpg

デザートはカプチーノにティラミス。
ティラミスも美味しかったですが、ラズベリーショコラタルトとバジルのチーズケーキ、ジェラート(今回食べたのはピスタチオ)も、とても美味しかったです。

赤ワインのグラスも美味しかったですし、大満足です!
気軽に美味しく、カジュアルなイタリアンを・・・と思ったときは是非!
[PR]
by bebalanced | 2009-08-11 08:01 | Gourmet

今、今、今、この瞬間。

f0053906_2145327.jpg

Organic Studio SwellのHappy Therapist Course。

今日は、Wちゃんとモデル-トリートメントを交代するのかと思いきや、
それぞれ別のモデルさんでトリートメントを行いました。

Wちゃんより2クラス分進んでいる私は、今までの分の復習。
背中のトリートメントをおさらいしているときのこと。

ウェストに沿って手をストンと落として、
お尻の割れ目より少し上のところから、尾てい骨に沿って3回弧を描くようにマッサージ、
(この時、おへそに重心を置いて、腰をフラフープ回すみたいに回して腰周りのストレッチ)
元に戻って、肩甲骨に手が当たるまで、腕の重みで手を滑らし、
(この時、おへそに軸をおいて、上半身も下半身もトリートメントベッドと平行に(前に板があるかのように)スライドするように移動。腿の内側のストレッチ。)
肩甲骨のところから逃げた手を戻して首筋に沿って手を落とします。
(この時、高い棚にある物を取りたくて手を思いっきり伸ばすイメージ。脇のあばら骨が一個一個開くようなストレッチ)

尾てい骨→背骨→肩甲骨のストロークで、
ついつい、スーーーーーーッってオイルに任せて手を滑らしてしまった私。

先生が、「今、今、今、この瞬間


やっばーーーーーーーい。なんてタイムリー。まじタイムリー。

今、少しずつ読み進めている本、A New Earth-Awakining to Your Life's Purpose-by Dr.Eckhart Tolleの教えと、重なっている・・・・・・・・・!!!

もう、私は、この時点で感動し、光悦状態に入ってしまいました。

人生の真理がここにも隠されていたなんて・・・。

その他、ウェストにかけて、中心から下に手を落として、腰をストンと落とし、平泳ぎをするように、モデルさんの体の重みを利用して腕から水面に上がるマッサージ。水面に上がるとき、胸は思いっきり開く。
これは、ズドーンと、スーの繰り返し。

ズドーンは、腰をストンと落とす時。体中のエネルギーを、おへそのところに集中させる。ドラゴンボールのカメハメハをおへそに受けるイメージで、おへそを中心に体は三日月のように弧を描く。
呼吸は吐く。
陰陽でいうところの、陽(収縮、集中)。

スーは、光を求めて、胸を思いっきり開く。平泳ぎで、水中から水面に腕を使って顔を出すイメージ。
呼吸は吸う。
陰陽でいうところの、陰(拡散)。

それから、おへそを下に向ける。
おへそだけ、別の生き物みたいに、カクッって下を向くの。
先生は、直径3cmくらいの丸いキャンドルをおへそのところに持ってきて、キャンドルを床に向けて”こんにちは”させて説明してくれました。
意識するだけで、先生はわかっちゃう。「うん、できてるよ」って。
不思議~~~。

ランチをはさんで後半は、10月のイベントの説明と、3時から母のトリートメントby先生。
その間、約2時間、アロマセラピストであり、10月のイベントの統括であるMさんと、とりとめなく、おしゃべり。Mさんは、お花に例えると、スミレやスズランやエーデルワイスみたいにはかなくて細くて涼しげで優しい人。

2時間後、Body&Facialを受けた後の母の姿勢をみてびっくり!!!!!!!!
仕事&書道で魔女のように猫背になっていた母の背筋が、ピンと伸びている!!!!!!!
「もう歳だしあのまま背中の丸いおばあちゃんになっていくんだろうな・・・」と悲しい気持ちで諦めていた私は、奇跡を目の当たりにしたようで、自分の眼を疑いました。
「姿勢が良くなるだけで、似合う服もぐんと幅が広がるし、10歳は若く見えるのに・・・」
そう思っていただけに、本当に、本当に、本当に、嬉しかった。

普段仕事や家事や育児に追われて、過緊張状態で体が強張っている女性は、毎週末くらいの勢いで、トリートメントやストレッチを受け、体をほぐすことの必要性を実感。
たとえば、一ヶ月のうち、3回はヨガやダンス、1回はアロマテラピーを受けるなど、ご自身の体をいたわり、愛し、ケアすることが、本当は良いんだろうな、それができれば良いんだろうな・・・と思いました。
時間的・経済的制約はあるにせよ、現代人の体はそれほど強張っているってことです。

私自身、トリートメントを始める前と後では、肩の強張りを自覚できず、先生に指摘して頂いて初めて自覚したくらい。

人類は、今、縛られすぎです。時間に、情報に、お金に、物質に、そして、自分自身の思考、エゴに・・・
それらを解きほぐすことが、できますように・・・。まず、自分自身から。
[PR]
by bebalanced | 2009-08-09 22:11 | Aromatherapy