<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年も・・・

f0053906_15225543.jpg

梅干作りの時期がやってきました!
昨晩帰宅したら届いていたオーガニックの南高梅。

去年10キロ漬けたもの(しかもLLサイズ)がまだ残っているので、今年は5キロ。
そして、1年間漬けたいと思っております♪
今年は外干しのこと考えなくてすむから楽だ~~~♪

梅干は、5年以上漬けると、薬効がぐんとアップするそうです。

私はつい、日本は地震が多いし、いつ何が起きるかわからないから、まぁ、せいぜい1年でしょう、と考えてしまうのですが・・・

お塩は奮発して240g700円もする伊豆の自然海塩を使いました!
外で買うと梅干って高いので、「いいの、いいの」と自分にOK出しながらレジに進みました・笑。

そうそう、今日は父の日ですね♪
私は昨年に引き続き、よなよなビールのギフトセットを父に贈りました~♪
[PR]
by bebalanced | 2009-06-21 15:28 | Something New...

全部横を向く

f0053906_78580.jpg

先週、初挑戦した壺いけは、来月からバンコクに赴任するIさんが「ぼく、それ使っていいですか?」と言うので、Iさんに壺を渡し、今週はまた前と同じ花器に戻りました。

今週のテーマは「横一文字」。
筆で線をビュッと描いたような線を出そうと思ったのです。

が、なかなかうまくいかず。

ああでもない、こうでもない、こうかな、ああかな、と試行錯誤しながら生けている内に、こんなになりました。
最初は、カンガルーポーを垂直に立たせていたのですが、途中で見に来た先生が、
「あら、こんなところに立ってちゃ邪魔よ。全体を崩すわよ。横向くならみんな横向かなくちゃ」

え?そういうもんなの?
言われるがままに倒してみたら、なんとなく、垢抜けました。
さすが、華道歴30年!

それから、バランスを取ろうとしないで、「崩すのよ」と言われました。
わざと崩すって、そんなこと、今の世の中まかり通ってないですよね!
こういうとき、いけばなっていいなぁ、粋だなぁ、と思うのでした。
[PR]
by bebalanced | 2009-06-18 07:14 | Flowers

初の壺いけ

f0053906_22371815.jpg

美女柳、紫陽花、ソネットブラボー

今回、壺いけに初挑戦です!

理由はいたって簡単。
先月訪れた穂高養生園の壺いけに刺激され、やってみたくなったのです。

が!

剣山も十文字留めや一文字留めなどの枝止めもないから、お花が留まらない!!!

途方に暮れた私は、「せんせい、たすけて~~~」と始めて5分後には先生に泣きついていました(笑)

先生は、「壺いけは10年キャリアよ~。一番難しいのよ~」

私、ひ~~~、大変なことに手を出してしまった!と思いながらも、新鮮な気持ちで楽しんでいます。

実は、一番難しいといわれているのに、引き出物で一番多い花器が、壺なんだそうです。
だから、「これでいけてちょうだい」と言われた時に、「やったことないのでできません」とは言えないし、一度は経験しておいたほうが良いのだそう。

確かに、高さのある細長い器より、低くて丸みのある壺は、見た目に優しさと親しみやすさがあるような気がします。

また、壺は、模様を活かす生け方をするのだそうです。

あまりに悪戦苦闘する私を見て、先生に「あなたにはちょっとまだ無理みたいね。今回は体験ということでいいんじゃない」とまで言われても、「でも、でも、難しいけど、壺いけ、惹かれます。。。」と私。「じゃあ、やったら」と先生。
むむむ、とりあえず6月いっぱいは、チャレンジしてみようかなぁ。

☆今回のポイント☆

赤いお花、ソネットブラボーの生け方。手前左に長く出しておいて、奥は短く、締める。

紫陽花の葉はわんさかライオンのたてがみ状態で生い茂っていたのだけど、2枚程度まで減らし、中央に配置。

美女柳は、枝の形を活かして、線をいける。

[PR]
by bebalanced | 2009-06-11 22:49 | Flowers

モチベーション復活のいけばな

いけばなを続けて丸3年。草月流は3年続けると師範の資格が取れるので、先生に取るようにすすめられているのですが、そろそろやめどきだしどうしようかな、と迷っていた矢先、先週末に行った穂高養生園の森の家の玄関に飾られていた生け花を見た私は、思わずはっとしました。
f0053906_21173552.jpg

そのいけばなは、穂高養生園の庭でさいていた菖蒲や草花たち。

歓迎とおもてなしの心が伝わってきます。

将来、穂高養生園のような自然豊かなところで、自分の庭にハーブや家庭菜園を持ちたいと思っていた私は、「そっか、いけばなってこうやって活かせるのか」と、自分が思い描いていた理想を目の当たりにしたような感動を覚えた。
そして、ここのいけばなが、今までに私が生けたことのない壺生けだったこともあり、「そうか、いつも同じタイプの花器で生けていたから飽きがきていたんだ。次回から違うタイプの花器でいけてみたら新鮮かも」と、がぜんいけばなに対する意欲がわいてきたのでした。

さらに、師範を取ればこういう宿泊施設への転職に有利かも、と、師範の資格を取ることも決定(←単純)。

意気揚々と今週のいけばなに臨んだのですが、結局、花材を見て、縦長タイプの方がいいと判断。
f0053906_213039.jpg

穂咲ナナカマド、ひまわり(レモンエクレア)、カーネーション(ブラックジャック)

こちら、先生の手入れ一切なしでOKもらえました!初!
「今日は調子いーじゃなーい」と言われて、「先生、私、師範の資格取ることにしました」と言ったら、先生、目を丸くしていました。が、その後、嬉しかったらしく、先生の御機嫌も一気に良くなったのでした(笑)

f0053906_2131576.jpg

こちら、同じ華道部の男性職員が生けたもの。
センスがあるんですよねー。この人は来月で海外赴任なので、参考作品を眺められるのもあと一ヶ月。
残念です。

こちらのいけばな、家に帰ってから、壺に生けなおしました。いけばなモチベーション、復活です!
[PR]
by bebalanced | 2009-06-05 21:20 | Flowers