<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハワイから帰ってきたら・・・

兄夫婦から、卒業祝いのメッセージとともにリースが届いていた。
f0053906_15314253.jpg


留守にしている間に、卒業証書も届いていたらしく、着払いで届いた卒業証書代を兄夫婦が立て替えてくれていた。お兄ちゃん、M子さん、どうもありがとうございました!!!
f0053906_1532960.jpg


ハワイにいる間に通算5回も卒業祝いの乾杯をしたのだけど、こうして卒業証書を目の前にすると、ずっしり心にくるものがあるというか、やっぱり感慨もひとしお。

予想外に長引いた学生生活にようやく終止符を打った。
もう学生は一生・・・とは言わずとも、当分いいや~!
[PR]
by bebalanced | 2008-10-20 15:35 | Art&Design

合格通知→おからのひじき煮

昨日は、帰ったら美大の成績通知表が・・・。
ちょっと恐る恐る封を開けてみたら・・・

f0053906_7153783.jpg


「合」の字。これって、合格ってこと???

そのまま視線を→にスライドすると、「優」の字。

や、やったぁ・・・

ついに、パスした・・・

と一瞬、感慨にふけりましたが、すでに気持ちはおからのひじき煮を作るぞモード。

そうなのです、まだまだ続きます♪おからのアレンジ料理。
f0053906_21425844.jpg

細かく切った人参、蓮根、長葱、干し椎茸に、芽ひじきをプラスして煮込んだものに、おからを和えただけ。

でも、美味しい~!

ポイントは、おからをさらさらになるまで炒めて水分を飛ばすことで、ひじき煮の水分をギュッと吸収させることだということを発見。

おから、大好きなので、美味しく作れるコツが発見できてめちゃうれしいです!
余ったひじき煮は、ご飯に混ぜて食べてもいいし、和食って本当に無駄が無いなぁ~と思うのでした。

Recipe
[PR]
by bebalanced | 2008-10-09 21:52 | Art&Design

晩夏の簡単メニュー

f0053906_215589.jpg


晩夏とは、夏から秋への変わり目のこと。
一年中で一番体調を崩しやすい時期だそうです。
そして、陰陽五行でいうところの土のエネルギーにあたるこの時期は、
自然な甘味が、膵臓、脾臓、胃などの臓器を元気にしてくれるとのこと。

穀物でいうと、あわ、ひえ、きびなどの雑穀。
野菜でいうと、キャベツ、玉ねぎ、南瓜などの丸くて甘い野菜。
豆でいうと、ひよこまめ。食べると芋や栗のようなホクホクの甘みですよね。
海草だと、ひじきや昆布にくらべてより軽いあらめ。
果物だったら、桃やアプリコット、プラムなど。
味付けは、薄めで、秋にかけて寒くなるにつれて、塩気を多くしていくとよいそうです。

そんな晩夏の簡単メニューということで、先月のG-Veggieで習ったのはこちら。

・玄米ともちきびのご飯 蕪の葉あえ
・白舞茸とあおさのお吸い物
・玉ねぎ味噌のふろふき蕪
・茹で野菜(キャベツ、小松菜、南瓜)

特筆すべきは、玉ねぎ味噌のふろふき蕪。優しい甘みで美味しかった~!
玉ねぎ味噌とは、葱味噌の玉ねぎバージョンで、玉ねぎの甘さが際立ってました。
味噌だとけっこう濃いのかな???と思いきや、ぜんぜんマイルドで、むしろ甘い!
これは今年たくさん作って、ふろふき大根とか、味噌田楽にして楽しみたいわ~♪

玄米ともちきびのご飯も、もちきびが入ったおかげで、よりもっちりとマイルドな味と食感になりました。そして、甘みが増しました。なるほど、これで土に対応する臓器を元気にしてくれるのね♪

臓器と食べ物の関係は、FreeBook vol1の陰陽五行のところに図解してますので、よかったら参考にしてみてくださいね♪

「簡単メニュー」のとおり、作り始めたらあっという間にできちゃいました♪
次は先週習った「おもてなしメニュー」をアップします!
[PR]
by bebalanced | 2008-10-06 21:16 | Macrobiotic