「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

臓器を癒す穀物と野菜

f0053906_86230.jpg

マクロビオティックの陰陽五行では、心身の不調と内臓の不調は関連していると考えられていて、食べ物を通して内臓を癒し、体調を整えるというアプローチがあるらしいです。

以下、「マクロビオティック健康診断法」を参考に抜粋。

木:怒り、興奮⇒肝臓、胆のうの不調⇒麦、上伸野菜を食べると良い

火:笑いすぎ、しゃべりすぎ⇒心臓、小腸の不調⇒きび、大きく伸びる葉野菜を食べると良い

土:考えすぎ、猜疑心⇒膵臓、脾臓、胃の不調⇒ひえ、あわ、結球性の野菜を食べると良い

金:悲しみ、鬱⇒肺、大腸の不調⇒米、収縮した小さい野菜を食べると良い

水:恐れ、不安⇒腎臓、膀胱の不調⇒豆、根菜を食べると良い


でも、結局、頭で考えないで、食べたいものを素直に食べるのが一番美味しいんだよね。

ただ、最近怒りっぽいとか、イライラするとか、
不安や猜疑心に苛まれてどうしようもない、
っていう時に、参考にすると良いかもしれないんだろうなぁ。

食べ物じゃなくて、運動で解消することもあるし。

外部環境を変えなければ解決しない場合もあるし。

何でも、一概には言えないなぁ。。。

ファジーにいこう、ファジーに。
[PR]
by bebalanced | 2008-03-29 07:29 | Art&Design

面で生ける

f0053906_2132099.jpg

今日のお花。

土佐水木、ミモザ、ストック。

土佐水木は、「下手すると魚の骨みたくなっちゃう」と先生。

線を意識せず、面でいけてみましょう、という先生の上手なナビゲーションに導かれ、

立方体を意識して高さを出す。

ミモザで足元をかくなして、ストックは2本の表情がきちんと出るように生ける。

4月からは投げ入れ。

型はどうするのかな?と先生に聞いたら、

「あらぁ~、基本は自由なのよ。型どおりにいけると野暮っちくなっちゃうのよ~」

だそうだ。

野暮っちく・・・って、70過ぎたおばあちゃんが使うと、なんか、かわいいのだ。
[PR]
by bebalanced | 2008-03-12 12:54 | Flowers

Peter's @ ペニンシュラ東京

f0053906_1274573.jpg

Peter's@ペニンシュラ東京。
ニューヨーク・ダニエルの副料理長と、ロンドンのサヴォイホテルの料理長が奏でるフレンチ・・・

ニューヨークのダニエルは、兄と両親が行った感想を聞いて以来、「感動的な体験ができる」というイメージを持っており、「日本に来てくれたなんて!」という勢いで行ってきました。

サービスは、ロビーに降り立って、クローク⇒Peter's直通のエレベーター⇒レストランと、通しで総じて素晴らしかったです。

例えば、ギャルソンのお料理の説明。
こちらが聞きたい、と思うツボを押さえて説明してくれる。

お料理を運んでくるタイミング。

グラスにシャンパンを注ぐタイミング。

ナプキンがドレスから滑り落ちてしまったら、次の瞬間、何気なく後ろから新しいナプキンをそっと渡してくれる心配り。

お料理は・・・塩味が全体的に強い感じ。男性的で大雑把大胆な感じです。

雰囲気は、爽やか、というより、気取った感じ。
インテリアがブラック×シルバーで統一されていて、銀座の夜景のきらびやかさとカトラリーのカッティングのエレガントさも相まって、そう、セクシー×エレガント×モダンゴージャス?

ペニンシュラホテルは、ローカル色を大事にしていて、その土地、土地のカラーを取り入れたインテリアとメニューを考えているのだとか。確かに、素材も和の旬の食材を上手に取り入れていました。次は上海に構えるそうです。

総料理長、副料理長ともドイツ人。フランス料理でドイツ人シェフと言うのは、地理的な近隣性から結構多いそうです。

年齢層は、夜だったせいか、全体的に高めでした。おひとりでお食事されている女性の方もいらっしゃったな。

質の高いサービスとは何か、という点で、良い社会勉強になりました!行ってよかったです!
[PR]
by bebalanced | 2008-03-12 01:36 | Gourmet

こでまりをいける

f0053906_19201982.jpg

こでまり、カサルピナス、ばら。

こでまりを初めていける。

とても可愛らしい花。

線を意識したいけ方が好きな私は、また縦に生けてみた。

そうしたら、

「あら~、こでまりは縦には咲かないのよ、横にこうやってしなだれて咲くのよ~」

と先生。

そして、「これじゃぁ、裏向いちゃってるわよ。正面が太陽なんだから、こっち向けなきゃ」

先生がちょっと直しただけで、一気に華やぐ。

こういういけばな、やってみたかったんだ~。

自分の作品だと思うと、うれしい。

この日は桃の節句。

桃の節句はミニアチュールといって、はまぐりに水を入れて、こでまりを浮かべる。

先生がくれたこれまたミニアチュールなお菓子と一緒に。
[PR]
by bebalanced | 2008-03-10 19:22 | Flowers

線をいける

f0053906_19164214.jpg

続く、自由花型。

まず、主役の桃は、線を意識していけました。

その線を強調すべく、葉も、先をカールさせていけてみました。

先生に、「あらぁ~、高級ないけばなね」と言われました。

高さと線を強調すると、高級感が出るのかな?
[PR]
by bebalanced | 2008-03-10 19:21 | Flowers

いけばなは精神統一

f0053906_19111035.jpg

続く、自由花型。

いけばなは、元は天皇に捧げる献花といって、男性がいけていたらしい。

そして、いけばなは、精神統一の世界を表すという。

そう聞くと、背筋がスッと伸びて、一本一本、集中していけることができる。

そして、何度も言うけれど、いけばなはアンバランスさが肝。

堅苦しい話はこれくらいにして、

足元をかくなしたグリーンの実?と思いきや、

3週間経った今、自宅の玄関先で可愛い白い花をたくさん咲かせました♪

小さな花がマッスになると、ゴージャスです♪
[PR]
by bebalanced | 2008-03-10 19:10 | Flowers