カテゴリ:Macrobiotic( 51 )

アボガドソースのパスタ

f0053906_16225451.jpg

昨日の料理教室の調理実習ではアボガドソースのパスタを習いました。
わさび醤油とレモン汁でクリーミィなのにさっぱりして美味しかったです。

マクロビオティックでは全粒粉のパスタを使うのですが、
このパスタにはガツンとパンチのあるソースを使わないと、
パスタにソースが負けてしまうのだとか。

以前、全粒粉パスタでごぼうのぺペロンチーノを作りましたが、
ボソボソしちゃって家族に不評だったなぁ・・・。

アボガドとか、もちあわとかでクリーミィさを演出すれば、
スルスルッといけそうです。

このほか、白花豆のスープで使った白花豆は、ゆでただけでも十分に甘くてホクホクで美味しかった♪おつまみ感覚で何も味をつけずに食べてもいいだな、と思いました。

アボガドは秋になったらもう食べなくなるので、この日で今年のアボガドは見納めかな?
アボガドくん、また来年会いましょう~♪
[PR]
by bebalanced | 2010-08-19 13:45 | Macrobiotic

ハナダロッソ@神宮前

f0053906_21464329.jpg

今日は、先日、アロマテラピー専門誌の雑誌の取材でお会いしたライターのYさんと、ハナダロッソでランチ&トークをしてきました♪

ハナダロッソは、祐天寺にあった時に行ったっきり、神宮前に移転してからは初めて。

ハンバーグランチは、全て、美味しかったです!
手作りのデミグラスソースは、ご覧のとおり、た~っぷりかかっていて、これが見た目も味も満足度をUpさせています。ソースの口当たりが滑らかで、コクがあって、残すのがもったいない。
グルテンミートで作ったハンバーグも、ほろほろ柔らかくて、よく煮込んであるお味。よく炒めた玉葱の甘味が舌に優しいです。
その他、ひじき煮や小松菜の胡麻和えや根菜のポトフ、甘い野菜のスープまでついて、ちゃんと陰陽バランスを考えたメニューなんだなぁ、と感心。
これで1380円というコストパフォーマンスは素晴らしいと思います。

Yさんが召し上がったカレーは美味しかったかなぁ・・・。美味しかったといいなぁ・・・。

場所は、神宮前の駅から徒歩1分、表参道から徒歩5分くらいなので、お買い物の時に便利。
今までは、Pure Cafe、Brown Rice Cafeくらいだったので、選択肢が増えて良かった!

何度行っても良いお店なので、これから足しげく通いそうです!
[PR]
by bebalanced | 2009-12-19 21:55 | Macrobiotic

ちょっとだけ前進:シラルガンTプラス

f0053906_810767.jpg

昨晩、アロマテラピーフェアから帰宅したら、玄関に荷物が届いておりました。

そう、12月へのむそう塾に向けて、中川さんに注文していたシラルガンTプラスが届いたのです!

その日は朝から晩まで一日中立ちっぱなしで、本当に疲れていたのですが、
きちんと炊いた玄米を食べたせいか、あまり疲れを感じなかったんです。

なので、明日もしっかり玄米を炊こう!と思い、10時半にさっさと就寝、
今朝も気合で3時半に起きようと思ったら、
不思議と1時に目が覚めてしまい、その後、思考がうるさくて、なかなか寝付けませんでした。

で、あっさり3時半に目覚ましなしで起きて、2時間浸水し(今度は洗米もブルーソーラーウォーターを使用)、5時半から、届いたニューシラルガンで炊いてみました!

f0053906_8161448.jpg

炊き立てをお櫃に移したところ。
食べてみてわかったのは、

フィスラーと比べると、確かに、ふうわり膨らんで、柔らかい女性的な玄米になっていること!

そして、前回よりも、甘~い!


炊き立ての熱々ごはんに、葱だく納豆をかけて食べたら、その美味しいこと!
2杯もおかわりしてしまいました♪

シラルガンは琺瑯製なので、ステンレス製のフィスラーと比べると、より柔らかい炊き上がりになるんでしょうね。ステンレスの方が、なんていうか、感覚的に、冷たいというか、固いというか、男性的ですよね。
琺瑯の方が、こう、なんていうか、母ちゃん、というか、柔らかくて温かい感じ(笑)

24分圧が持たなかったのは課題だし、まだまだ「中川式玄米」からは程遠いですが、嬉しい発見でした。

この玄米に、寺田本家さんの粕漬けで炒めた野菜炒めが、今日のお弁当です。
プランタンの綺麗なお姉さんたちに囲まれて(埋もれて)食べます(笑)
今日もがんばるぞー!主食って大事ですね。
[PR]
by bebalanced | 2009-10-31 08:20 | Macrobiotic

KMA Advanced 修了!

f0053906_20251587.jpg

えーっと、もう先月のことですが(汗)、
6月でKushi Macrobiotic AcademyのAdvancedコースを修了いたしました~!!!!!

長かった~3ヶ月。

毎週土曜日、恵比寿まで通うの、正直、しんどかった。

特に、理論のお勉強が、もう食傷気味でして・・・。

つくづく、もう、私には、こういう「スクール」での「お勉強」はいらないんだ、と思いました。

(もちろん、お料理の作り方や、考え方など、お勉強になることは、い~っぱい、ありました。はい。念のため)

もう、自分で作って作って、作りまくりたい。

自分の体が食べたいと欲するもの、美味しいと感じるもの、を、

そのつどそのつど、作っていきたい。

料理を心から、ただただ、楽しみたい。


そう思っていたのですが、やっぱり、最後まで通っておこう、と通ったのがこのコースだったのでした。

だ~か~ら~、

無事に修了した今は、肩の荷が下りたような、ほっとしたのような。

今度、マクロビオティックを学ぶとしたら、
インストラクター、とか、アドバイザー、とか、肩書き云々関係なく、
本当に今の自分に合って、必要なもの、違和感を感じないものを得られるところで、
自分の目指す方向性と志が似ている人に、習いたいと思います。

写真は、最後の調理実習で作ったメニュー。
テンペのフライがジューシーで美味しかった!
黒胡麻豆腐も初めて葛粉から作って、黒胡麻ペースト入れて、面白かったなぁ。
温野菜のグラタンも、ごま豆腐を入れるあたり、斬新で面白かったし、美味しかったし。

うんうん。振り返ると、やっぱり、行って良かったなぁ~、と思いました♪♪♪
[PR]
by bebalanced | 2009-07-25 20:29 | Macrobiotic

KMA Advanced 調理実習第3回

f0053906_225329.jpg

ひえともちきびのコロッケ&豆腐タルタルソース、スプリットピースープ、野菜のグラタン、もずくときゅうりの酢の物、胡桃味噌蒸しパン。

ひえともちきびのコロッケは、アイスクリームスクープですくって成型すると、分量と大きさが均一になって、成型しやすい♪
シャロムのディナーで出てきたハンバーグを彷彿させる形ができて嬉しかったです。
パン粉も、小さめのコロッケなので、フードプロセッサーで細かくしてあるので、口当たりも〇です。

野菜のグラタンは、市販の胡麻豆腐をスライスして、豆乳ベシャメルソースと一緒にオーブンで焼いてあるのがポイント。胡麻豆腐ってこういう使い方ができるのねー、と感心。

もずくときゅうりの酢の物は、塩もみして乱切りしたきゅうりが美味!彩りで添えたラディッシュもお味のアクセントになっていて美味しかったです。

シンプルな料理ほど、火の入れ加減、切り方などの調理方法がダイレクトに伝わってきて、うまくいけばいくほど美味しい、ということがわかりました。

全部、ちゃんと家の台所でおさらいしたいと思いました!
[PR]
by bebalanced | 2009-05-12 02:30 | Macrobiotic

ベジスープ餃子

f0053906_7473550.jpg

昨晩、KMA調理実習第一回の復習で、スープ餃子を作りました。

f0053906_7472365.jpg

具は、干ししいたけ、キャベツ、にら、しょうがに、ジャックの豆ミート(ミンチタイプの乾燥大豆)。これを胡麻油で炒め、塩と醤油で味付けします。

f0053906_747467.jpg

大葉を下に敷いて、餃子の皮で包みました。

スープの具は、大根、人参、あらめに、彩りで万能ねぎ。白、赤、黒、緑と、彩りを考えました。
具に大根を選んだのは、昨日は脂肪分を取りすぎたため。あらめは女性生殖器を綺麗にしてくれるそうです。
こちらも塩と醤油でシンプルに味付け。

とってもシンプルなのに、それぞれのお野菜としょうがの味がしみこんで、とっても滋味深いスープになりました。

気をつけたのは、丹田に重心をおきながらお料理するということ。
お野菜を洗ったり切ったり炒めたりする時、お野菜を傷つけないように優しく調理すること。
ネガティブなマインドを持たずに、ニュートラルなマインドで調理すること。

餃子を20個作って、残りは冷凍しておきました。
朝、母が食べたら、美味しい!と言ってくれました。
[PR]
by bebalanced | 2009-04-19 07:53 | Macrobiotic

KMA Advanced 調理実習1,2回目

f0053906_18582288.jpg

第1回。
梅味の玄米炒飯、餃子スープ、五目豆、ひじきのピーナッツサラダ、かぼちゃのマフィン。

この日はなんと1時間半遅刻!
美大の卒業制作のFreebook Vol3で取材させて頂いた、大好きなNatural Flow主宰の小堀真紀子先生の授業なのに~(涙)
でも、今日、DVDでしっかり遅れをキャッチアップしてきました。

梅味の玄米炒飯のお味は、ビミョーな感じでしたが、餃子スープはつるっとしていて、おだしの優しいお味がきいて美味しかったです。
五目豆も、野菜とお豆の甘味がとろとろで美味しかった♪
ひじきのピーナッツサラダは、みかん果汁が隠し味で、これまたコクのある美味しさ。
かぼちゃのマフィンは、ふわっふわで、蒸しパンみたい。これにもみかん果汁が隠し味に入ってます。

f0053906_18584651.jpg

f0053906_18585742.jpg

第2回。
おはぎ(かぼちゃ、小豆、胡桃味噌あん)、味噌こんにゃく、たたき長芋と梅のおすまし、ふろふき大根、おからの煮物、おから春巻き、春雨サラダ。

すごいレパートリーで、はっきりいって結構疲れました~。
私は、味噌こんにゃくの蒟蒻をまな板に叩きつけて柔らかくしたり、おからの煮物の野菜を切ったり、春巻きを巻いたり。
おはぎを作るのが初だったので、楽しかったです!もち玄米がもっちもち!
かぼちゃは塩味でかぼちゃの甘味を引き出しただけなのに、上品な甘さで美味。
小豆餡は、グループごとに甘味を調整し、OKが出たところで作りました。
胡桃味噌餡はしょっぱい感じで、胡桃の油分でリッチなコクのある味噌になりました。

個人的には風呂吹き大根が美味しかった~。春仕様なので、冬ほど厚く切らず、2cmほどの薄さですぐ火が通るようにしてありました。

さて、今日はこれから第1回の復習で、餃子、ひじき(のかわりにあらめ)サラダ、南瓜マフィンを作ろうと思います!
4月~9月までは料理の腕を磨くぞキャンペーン実施中なのです♪
[PR]
by bebalanced | 2009-04-18 19:06 | Macrobiotic

G-Veggie卒業!

f0053906_2114579.jpg

今日は私が通っているマクロビオティックスクールG-Veggieの最終日&卒業制作でした!
1年間、蒲田までよく通った!えらい!私!

美大の卒業制作の取材がきっかけで知ったこのスクール、まさか通うことになるなんて思ってもいませんでした。
通うことを決意したのは、たくさんのことを佳子先生から吸収できると思ったから。
1年前の私と、今の私。うん、全然違う。
公私共にいろいろあったけど、本当にたくさんのことを、楽しく(←ここ重要!)学ばせていただきました。

佳子先生、朋子先生、本当にどうもありがとうございました!!!!!!
知識を実践に生かして、知恵にできるように、がんばりま~す!
f0053906_218393.jpg

最後は、卒業制作のリーダーの提案で、先生にメッセージカードと薔薇の花を一人ずつプレゼント。
ここで一気に盛り上がりました。
リーダー、ナイス提案、ありがとうございます!

G-Veggieでは、人生に対して前向きで、クリエイティブで、エネルギッシュな素敵な生徒さんが通っているので、生徒さんからも私はたくさんの刺激を受けることができたのが良かったなぁと思っています。

インストラクターコースには通いませんが、またそんな雲が流れてきたら、乗っかっちゃおうと思います♪

そうそう、FreeBookがきっかけでG-Veggieに興味を持ってくださった方がたくさんいらっしゃるとのこと、今日、佳子先生からお聞きして、作り手冥利に尽きると思いました。
涙出ます。嬉しいです。卒業制作、本当に作って良かった。
読んでくださった皆さん、本当に本当に感謝してもしきれません。ありがとう。

卒業制作のテーマは:彼氏とガーデンパーティー♪
[PR]
by bebalanced | 2009-03-28 21:22 | Macrobiotic

しっとりジューシー♪春のトリコロールケーキ

f0053906_7501225.jpg

Natural Flowの小堀真紀子先生のレシピを参考に作りました!

”トリコロールケーキ”という言葉に出会ったのはこれが初めて。
*トリコロールとは、赤、青、白の3色のことで、仏の国旗から連想された言葉だそうです。

見た瞬間、作ってみたい!と思い立ち、昨晩、仕事帰りに苺を買って、帰宅後、早速仕込みにかかりました。

スポンジケーキを焼いて、南瓜クリームを作った時点で、既に寝る時間。

粗熱が冷める時間まで待てないので、冷蔵庫に入れる代わりに、玄関に放置(笑)。
デコレーションはどういう風にしようかな~~~と思いを巡らせながらベッドに入りました。

そして今朝起きて、苺を盛り付け、淹れたてのコーヒーと共に頂きました!
f0053906_82942.jpg

しっとり滑らかな食感の抹茶スポンジ。
南瓜クリームが、まるでカスタードクリームみたい!南瓜の滑らかな食感とコクがなせる技。
そして、フレッシュな苺のジューシーさもたまりません(涙)

美味しい~!!!小堀先生、どうもありがとうございます!!!
今回はハート型で作りましたが、菱形で作れば、お雛様ケーキにぴったりかも♪

朝からケーキ?
[PR]
by bebalanced | 2009-03-06 07:58 | Macrobiotic

まだか漬け

f0053906_5212025.jpg

3日間かけて漬けた「まだか漬け」。

まだか、まだか、と漬け終わるのが待ち遠しくなるほど美味しい、というところからのネーミングだそうです。

黒豆をじっくりフライパンで炒って、熱々をジュッと漬けダレ(醤油と酢をあわせたもの)に漬ければ、シコシコとした食感のお豆になりました。

今回は、切干大根・人参のミックスと、納豆昆布を合わせてあります。

最初は写真のとおり、鷹の爪をポンと一本丸ごと漬けたのですが、味見をした結果、ピリリとした辛味はこの漬物には全体的にマストだと気付きました。
醤油+酢だけでは味がぼやけてしまうのですね。
2日目くらいで慌てて千切りにして全体に混ぜ合わせました。

このお漬物、かな~り陽性!
ごはんが進むので、一食あたり小さじ1くらいの分量でやめといた方がよさそうです(苦笑)

あと、おつまみにもぴったり!
お酒をたしなまれる方はお好きかもしれません(酒飲みの父は、作っているそばから、『これ、食べていい?』と聞いてきましたから・・・!)
[PR]
by bebalanced | 2009-03-01 05:25 | Macrobiotic