カテゴリ:Enlightment( 7 )

The practice of liberation from the female collective pain body

Now there is also female collective pain body just as there is the male collective pain body.
The female collective pain body that every woman partakes in has to do with dreadful pain suffered particularly through women being treated as slaves and as worthless property for thousands of years.
Not all ways, there was the time before that when women have their rightful places.
But for thousands of years in most countries, women became victim of patriotic mind dominated state of consciousness.

So, that becomes particularly pronounced when the menstrual cycle starts, that very thing that is your femininity in you on the biological level.
It is very painful, it awakens the female pain body just as it happens.

And in the old traditional teachings in Buddhism, they said “No. Women can never make it.
They can’t become enlightened because every time they go through the cycle, they lose consciousness.”
So they said, “OK, we have to exclude women.” And they did.
So it becomes more and more lifeless by doing that, and it becomes more and more mind-dominated.

The very fact is that the opposite is true.
If women can use that, knowing that that is the time particularly when the pain body arises, and become present at that time, it will be through that that women become very quickly now free of their pain body by bringing presence into especially when the pain body arises at the approaching menstrual cycle, bring presence into that and become very alert, watch the pain arising.

Watch it, allow it to be, be compassionate towards it which is what the allowing is.
Be compassionate one who allows the pain to be, and who is able to hold it, to hold the turbulence.

The state of presence is always the gentle embracing of what is.
It’s bringing a gentleness to it, which is a very powerful gentleness.
Bringing a gentleness to it and embracing what is, and holding it in that embrace.
And you stay present as you hold your pain, deep pain, and watch the turbulence of it, hold it.

The more you hold it, the stronger, very very quickly, your sense of presence grows much much stronger as you hold the pain.
And the pain will slowly lessen.

But it no longer matters because your acceptance of the pain is so total, you are not making that moment into means to an end, because I want to get to end of my pain.
Your acceptance to the pain is complete, and that is where your spiritual power lies in fully accepting it.

But, off course, now, it has not become you. It hasn’t become “unhappy me”.
You are fully there, you are fully present with it, you fully accept that there is the pain body vibrating in you.

And you may have to hold that pain for quite a while when the cycle comes, it can go on for a few days, and hold, bring presence to it.

You may occasionally lose it, and remember again, and be present with it again.
By losing it, I mean, I may succeed in moving into your mind and control your thinking again.
And then, suddenly you remember, and you hold it, holding it.
So that pain becomes incredible teacher, and every time it happens, you bring the presence to it.

That’s why women are going, it’s already there is always more women coming to consciousness groups than men.
Women will move forward more quickly now than men.
I’ve seen that, I am seeing it all the time.

And part of the reason is that they will be able to work with their pain bodies, which up to now has looked, has been in a great obstacle, now becomes the great help as you bring the presence to it.

Men still have, unless in touch with their bodies, women off course are also in their mind, but men even more deeply entrenched in their mind structures.So there is the difference. Off course, they also have their pain bodies, but the predominant thing for men is identification with their head, the predominant thing for women is identification with their pain bodies.So that is just a focal point.


Wonderful practice.This practice is so easy and so wonderful and so powerful.
It is amazing that takes humans so long to get to this point.
But transformation can be very quick now, very quick.

So make your pain body into your alley. Your pain body is not your enemy.
When you make it into your enemy, that's the old mind thing starting over, and even make the pain body into a problem.
“How can I get rid of it?”Forget about getting rid of it. Just watch it. That does it. Just watch. Hold.

And then, at first, the pain seems so overwhelming.
And the more you bring the presence into it, you realize how powerful your presence actually is.

And the pain ultimately is a just ripple on the surface of the vastness of who you are.
All human pain is ultimately the surface ripples or little waves pretending to be very big waves.

And when you realize the vastness of your being, then very quickly, it is only ultimately just a little bit of pain, but it grew itself up to a gigantic proportions.

That’s the practice of liberation.

*This is a quote from "Living the liberated life by Eckhart Tolle-03"

[PR]
by bebalanced | 2015-01-10 20:03 | Enlightment

真っ暗な空虚感は大いなる源泉への扉

昨日の仕事中、パソコンのキーボードを打ちながら、不意に虚無感に襲われた。

虚無感の後に襲ってきたのは、焦燥感だった。
「私は、今、こんなことをしている場合ではない。他にもっとやるべきことがあるはずだ。」

虚無の中に吸い込まれるようにして、胸の底から脱力していく自分に気づきながら、キーボードを打つ手を止めて、その手を組んだ。

この底知れぬ真っ暗な空虚感は、今に始まったことではなかった。

遡れば、物心付いた小学生の時からだろうか・・・

この感覚は、「今、自分がやっていることは正しいことではない」というサインのようだ。

「正しい」とは、他人や世の中の尺度ではなく、自分の中の羅針盤が示すものであり、自分の魂だけが知っている呼び声のようなもの。

その声は、世間体や安定した収入、社会的地位などに掻き消されて、今にも消えそうだ。

しかし、突如として、その声は私の中に蘇る。

それは、どんなことをしても、何があっても、決して私の中から消えることのない、大いなる生命の灯火のようだ。

しかし、その声もまた、その後まもなくしてPC画面に入ってきた一通の面白可笑しいメールによって、掻き消されてしまった。



翌朝、目が覚めたベッドの中で、その声は再び、私の意識に浮上した。
胸に空いた真っ暗な空虚感は、冷たい風が吹くブラックホールのようで、底なし穴に落下し続けているかのような空恐ろしさに襲われる。

私は、この空虚感を埋めるために、必死で考え出した。
「現状を変えるために、何をどう考え、どのようなアクションを取れば良いのか?」

しかし、その思考に掴まって付いて行き、必死に考え続けても、これと言った終着地には辿り着くことができなかった。

携帯のアラームがなり、目覚めた時に確認した時間から2時間が経過していた。

思考に付いて行くことに疲れ果てた私は、半ば降参するような気持ちで、胸の中の真っ暗な空虚感をひたすら感じることにした。

ベッドの中で、仰向けになりながら、胸に手を当てて、その果てのない空虚感を抱きしめるようにして、ただただ、感じ切るのだ。

意識を向ければ向けるほど、胸の中の空虚感は存在感を増し、私の意識の中に入っていくのが分かった。


その空虚感を感じ続けていくうちに、ふとそれが、湧き上がる命の源泉に触れたかのような感覚に変わった瞬間があった。


私は、自分の胸の中に感じる圧倒的なそのエネルギーに触れ、当惑した。

このエネルギーが何なのか、どうすればいいのかわからなかった。

しかし、マグマのような強さを持つ命の息吹のようなその感覚を抱きかかえながら、このエネルギーが何なのか知る必要もないように感じた。

ジャッジせず、ラベル付けせず、ただ感じるだけで、いいような気がした。

目が覚めた4時40分から、3時間近く経っただろうか。

私やようやくベッドから身を起こし、胸の中に渦巻く途方もないエネルギー感覚を抱きかかえたまま、

「このエネルギーをただ、感じよう。気付いていよう。そして、その赴くままに生きよう」

と思った。

感じるために、思考はいらない。
むしろ、思考は、感覚を曇らせる邪魔な存在であるように思えた。

ただ、自分の中を蠢く大いなる生命の息吹を感じながら、ただその流れの赴くままに従って生きることが出来れば、その人生は、何か偉大なことをしなくても、何か特別なことをしなくても、それだけで素晴らしいような気がする。

生きるとは、この世に与えられた生を全うするとは、そういうことであるような気がする。

[PR]
by bebalanced | 2015-01-07 08:14 | Enlightment

Eckhart Tolle TV Uncourse B "Ego"

It’s living in align with the present moment
You also align your will with the universal will, which you could call the will of God.

So you don’t have a separate will.

The separate will wants to enhance or strengthen one’s sense of self.
One protected, make it more secure, bigger, more special.
Separate will concerns with me, the “I”, the ego.

But there is a divine, consciousness, the one consciousness, that has the evolutionary impulse.

And so, what we are doing here every moment is to align ourselves with that.

Non-resistance is vital because as long as you are in resistance in the present moment, you will be trapped in the little egoic will.

And so the egoic will needs to subside, that is surrendered to the present moment, surrender to what is, means that the egoic will that is little me that is wanting something else, when you are align yourself with what is internally, you don’t resist it, looks at first like a possession almost like a weakness, and can be misinterpreted at often is people meaning it prevents you from taking effective action.

But the acceptance of what is totally compatible with responding to whatever the present moment requires.
Whatever wants to be created, manifested, done at this moment to be align with that, you need to first accept whatever form this moment takes.
And so, all you accept is not some kind of “this is how the situation is”, you single out this moment only.

This is why I occasionally give examples to make it illustrations to make it clear.

For example, when you are ill, you don’t go around and say, “OK, I need to accept this illness. I need to accept the fact that I am ill. You may have the name for the illness, I have to accept that I am suffering from this.”

No. Because that’s the whole conceptual thing. That’s the story.

You don’t need to accept any story.

All you accept is this moment as it is.
And there is never actually an illness in this moment as it is.
There is only the condition: a physical condition.
There may be pain.There may be weakness, disability, discomfort.
Those things may be there. (What do I feel inside? Insecurity, fear, anxiety)
That’s the only things you accept. That is to single out this moment as it is now.

Or some external situation.
For example, if you are stuck in the mud in somewhere, and you don’t say: “Okay, I am in the mud. I have to accept it, here I am. I am not taking the action because you have to accept what is.”

No! This moment is already always as it is.
There is nothing you can do about that.
And that’s what you accept.

Then the action that arises has a different energy to it.
The will that flows into what you do then is no longer egoic.

When you have not accepted this moment, the will goes against the universe almost which is ego always does.
It is negative. It fights something that should not be there. That’s negativity.

So if you use the negativity then you are trapped in ego.

So to have the access to the more powerful will, the little will of me that fights what is, condemns what is, complains about what is, denies what is, and so on, all the any voices avoiding the present moment, the little will has to subside for the more powerful will.

It is not you. Not as the limited form of you to flow through you and deal with the situation.

And the powerful will is very different from the willful will.
It is not isolated from the totality. It does not isolate itself from the totality.
It is one with the totality.

So when that operates, another word for the universe is the intelligence.
It is only that when you look at the situation, you completely accept the is-ness at this moment, and then, off course, the action may be required.

And once there is opening is there through acceptance, the next step you take to get out of the mud, or whatever it is, will be much more powerful.
There is no struggle anymore, there is just powerful right action.

There is a Buddhist term, right of the many things, right action.

Off course, the right action can only arise out of the right state of consciousness.
If there is not the right state of consciousness, you can not cultivate the right action.

So you have to get out of the ego first before you can have the right action.

So I believe probably Buddha was talking about that which flows from the awakened state of consciousness is right action.

And so, the greatest strength is to surrender the little will and the simple tiny act of surrender for the little will is to say yes to the present moment.

It is not a big thing.
I have to let go of my will…
No! Just say yes to what is because it is already is anyway!
Why complaining about something that already is?
It’s insane but normal. Nothing personal. Normal means insane in this world.

So, just to give up the egoic will.
Really, all you have to do is not complain about what is.

Be aligned with isness, people, situation, whatever.
It is already as it is.
It is the inevitability of is.

Become friendly with is, then, you become intelligent for the first time.
Even you are the greatest intellectual before, it is not true intelligence.
It is very limited intelligence.
You might have 2 Phds or 3, and can still be totally dysfunctional in your life. Could be.

Now, you contact, suddenly, you are in touch with the simple act of surrender to the inevitability of the present moment, another energy comes.

You could call that universal will, you could call that intelligence, you could call that the creative solution to whatever the so called the problem is in this moment, the situation is, you could call that power coming in that is greater than the limited power of your mind, although you may use your mind, and suddenly you say the right thing, if that’s what the situation requires.
Suddenly the words come, where do the words come from?
You don’t know what you are going to say next.
They come from the deeper level because that intelligence uses the mind then, it flows into that.

You and the universal…whatever the greater totality become one, and such it creates through you as this form.
That’s the beauty of it.

The unmanifested when it flows into this world, it assues form.
It may create suddenly most thoughts that people have in the unawakened state is almost all thoughts are repetitive, old thoughts, conditioned thinking, conditioned by the past.

So all you can rely on then is what you have accumulated in the past.
And you deal with thing with the conditioned thinking.

Now the simple act of surrender opens up your mind and it can be used as the instrument, and the thought may come in that is original and fresh and new because that is the birth of form.

The birth of form may first all be the birth of the thoughts, and the thought creates the form out there.

So the universe then if it uses you as a vehicle or channel through which it creates.
And again we are using the language which sounds as if there is you and the one consciousness are separates, but it is just words. You are one.

It uses your mind and become thoughts, thoughts become words, thoughts become physical things.

So that’s the way which the mind can be the helpful tool alignment with the greater intelligence, the one, the consciousness.

But it all starts with the present moment and what your relationship is with your present moment, so to speak.
Friend or enemy?

Are you allowing it?
Or are you fighting it, resisting it.

That is also the end of the ego.
Ego is always the resistance.
It survives through complaining, survives through denying, wanting something else.

So work with the present moment is the teacher, work with that.
That is all you need, really.

So that’s really the end of the little will, that isn’t all that powerful anyway.
And whatever creates creates more problems.


Seems so simple. It is so simple.
Because of the many thousands of years of habit patterns, often people tell me “so difficult to be in the present moment and allow it to be.”

Off course, the opposite is true.
Life becomes difficult if you don’t.
But that is how it appears. It is difficult.


The present moment acceptance, the form.
What you accept is the form of this moment.
No more.
Then see what’s needed.

You look.
You are not intelligent until it happens.
Not truly intelligent.

The moment you accept, there is a space.
And you look.
Not necessarily through eyes, but just directing attention.
And that is intelligence.
And that is still.

You are not thinking while you look.
Your attention is there.
That’s intelligence.

And then action may happen if it is necessary, if the totality requires it.

And sometimes holding that space of simple presence in a difficult situation where perhaps at this moment there is nothing you can do, sometimes that’s the case.
Holding the space of simple presence often activates other factors.
And then come in seemingly from the outside to change the situation.
You have activated the intelligence of the totality.
So it is not necessarily coming through this form.

This is why sometimes people speak of synchronic things happening, suddenly a helpful factors comes in, suddenly the right person appears, the right thing happens.

“Oh, how was it? How did that happened?”
Sometimes almost miraculous.

When you don’t know that, this is actually natural, seems like a miracle at first because most humans are not used to that.

When you hold the presence, very often, the change may not happen through your action.
There are many situations as I just said, where action at this moment is not possible.
Perhaps you just have to accept at this moment “Well, right now, this is how it is. There is nothing I can do.”
However, I can continue to be present to what is and alert and still, and accepting of the inevitability of this moment.

Then, the greater intelligence is activated.
And then see what happens.

Very often you will find change is happening in the situation through some factors that you could not have planned or foreseen.
[PR]
by bebalanced | 2014-12-27 21:44 | Enlightment

瞑想=ただ一人在ること、内なる静寂、沈黙を深めていく。

4月29日の青空禅フォーラムの第一話。

国税庁の統計では、孤独死を恐れている人が5割から6割いるという事実について。

カラーパンクチャーの第二サークルでは、人生全体を3つのステージにわけて、それぞれ光を入れる。

第一ステージは、人生の準備期。
生まれてから社会人になるまで、
赤い光を入れる。

第二ステージは、人生の成熟期。
社会に出てから退職するまで。
黄色い光を入れていく。

第三ステージは、人生の収穫期。
退職から死まで。
ブルーの光を入れていく。

第三ステージになると、大きく分けて、2つの人間しかいなくなる。
ひとつめは、メランコリック、もうひとつはメディテーション。
同じ頭文字はMでも、
鬱々して不安になるメランコリックか、
もしくは、ただ一人在る、内なる静寂、沈黙を深めていくメディテーションか。

収穫期になるまでに、瞑想性、自らの内なる静寂、沈黙を深める、もしくは味わう習慣をつけていない者は、収穫期に入ると、メランコリックになってしまう、鬱々しちゃう。


これから日本は、ブルーの時期に入る人がどんどん増えていく(高齢化社会)
→瞑想性を身につけていない人は、どんどん鬱、孤独になっていく。
→メランコリックジャパンまっしぐらみたいな(笑)
ブルーという、深遠な静寂の時期を、反転したメランコリック、重たいエネルギーとしてとらえてしまっている。
何とかしようすうる政策は、恐れから策を練る。孤独になることを恐れる。
恐れから生まれたものは、おそらくは、更なる恐れを生み出す。

************

いかに、ブルーが素晴らしい時期なのか、本当は。
いかに、沈黙、静寂を深めていける素晴らしい時期なのか、本当は。
その知恵を、人生の準備期の若者や成熟期の青年たちに知恵として分け与えていけるのか。
という発想をしない限り、今後日本は、メランコリックジャパンまっしぐら。

僕としてはできれば、メランコリックジャパンからメディテーションジャパンへの方向転換に一石を投じたい。

宗教というわけではなく、一人ひとりが内なる静寂、沈黙を深めていく。

ここ(青空禅フォーラム)は、種まきの場。
個人個人が瞑想性を習慣化していくことで、沈黙・静寂はパワフルですから、言わなくても、周りに伝わっていくわけです。
湖に投げ込まれた小石の波紋のように、その方がいるだけで、言葉を発さなくても、深い沈黙のパワーが発せられ、広まっていくイメージ。


メディテーション、内なる静寂、沈黙を深めていく。
自分なりにピンとくる方法を使っていけば良いわけです。

孤独ととらえてしまうと、淋しい。不安。
そうじゃなくて、一人であること、ただ一人在ることを深めていく。

言葉は非常にパワフルで、背後にたくさんのイメージがまとわりついているから、
瞑想やメディテーションと言うと、宗教っぽかったり、怪しげにとらえられがち。
なんか良い言葉があればいいと思うんだけど、
とにかく、内なる静寂、沈黙を深めていくゆとりを生活の中に持ちましょう、という気持ちで十分。

もしくはリラックスでも十分だと思うんです。
いかに心身共にリラックスしていくか、だけでも、手始めに十分だと思うんです。
[PR]
by bebalanced | 2010-05-09 11:35 | Enlightment

観自在:7月22日青空禅フォーラム

f0053906_1128398.jpg

昨日は、定時ぴったりに会社を飛び出し、青空禅フォーラムに参加した。

青空禅フォーラムでは、まずはじめに30分間ほど、医師でありセラピストである伊東充隆先生の誘導のもと、瞑想を行い、日頃緊張してこわばっている身体にひとつひとつ丁寧に意識を合わせ、息を吐きながら力を抜いていく。
その後、伊東先生が、その時その時に合わせた「お話」をしてくださる。

昨日のお話のテーマは、「観自在」だった。

普段の私たちの生活は、何かひとつの対象物を見つけると、
それに釘付けになってしまって、
それに対する思い=私自身だと思ってしまう。

例えば、何か心配事があったりすると、その心配事=私になってしまう。

もっと簡単に言うと、肉体=私、だし、思考=私、というように、
分離独立した物に対して固執しがちだ。

ここまでは導入部分で、お話は少しずつ、本題へと踏み込んでいく。

*********************************

伊東先生は、目には3つあります、と言う。

ひとつは、肉眼の目

ふたつめは、心の目。これは、青空と雲で言うところの、雲の目。
心の目は、普通は肉眼の目と「同化」しており、カメラのオートフォーカス機能のように、
自動的に対象物に焦点を合わせる仕組みになっている。

みっつめは、意識の目
この意識の目は、「観自在」と言って、自由自在に、時間も空間も超えて飛び回ることができる。伊東先生は、「いいですか、この意識の目こそが、本当のあなたなんですよ」と強調して言う。

この禅や般若心経で言うところの「観自在」を実際に体感するためのワークを行った。

(1)まず、何でもいいから、普段自分の思考があれこれ飛び交うような、
いろいろな思い入れがある物、携帯電話とか、を、自分の目の前に置く。

(2)そして、1分ほど、ただぼんやりと、その対象物を見つめる。
イメージは、漫画のように、点点点の先に矢印がついているようなベクトル-------→を、
その対象物に向かって投げかける。

(3)その後、目を瞑って目を休ませ、大きく深呼吸を2~3回する。

(4)今度、目を開けるときは、肉眼(心の目)はその対象物を見ながらも、
意識の目を真逆の方向、自分の頭の後ろの方向にどんどん向けていく。

そうすると、何が起こるか。

その場で発表した人のうち、ある人は、
「対象物に焦点を合わせていたときは、胸のところぎゅっと詰まって苦しかったのが、
意識の目を後ろに向けたら、胸のところがふんわり開いて何だか温かく感じた」

とか、またある人は、

「分離感覚がなくなった」

とおっしゃっていた。

*********************************

私の場合、携帯電話を対象物に置いていたのだが、
じっと焦点を合わせていたときは、色々と思いがよぎって胸がざわざわするというか、
複雑な気持ちがしていた。
ところが、目を閉じて深呼吸し、再び目を開いて、
今度は意識の目を対象物とは真逆の方向にぐんぐん走らせたとたん、
「ぷっ」と吹き出してしまいそうになった。

対象物に対してあれこれ思い巡らせていたことが、
急に滑稽で馬鹿らしく思えてきたのだ。

そんな自分が可愛いというか、可笑しいというか、くすぐったいような、そんな感じ。

さらに、意識の目は、大きくふくらませたゴム風船が空に放たれたかのように、
すごいスピードで上下左右、自由自在に飛び回り、
壁や天井、伊東先生の体まで、あらゆる物体を突き抜け、
ライトアップされた夜のJR四ッ谷駅の上空まで飛んで行ったかと思うと、
次はフランスやエジプトの砂漠まで飛んでいった。

こうなると、くすぐったいような、空可笑しいような、ジェットコースターに乗っているような、
そんな気分で、すこぶる気持ちいいし、楽しいものだ。

*********************************

この対象物を、心配事や悩み事に置き換えてみると、
ほとんどの事象は、もはや問題ではなくなります、と先生は言う。

かといって、問題を解決するためにできることの努力をするなとは言っておらず、
それはそれで大切、とも。

さらに続けて先生は、恐らくここが一番の肝であろうことを話し始めた。

肉眼の「見る」から意識の「観る」に「反転」が起こったとき、大体の人はここで「悟った」と思ってしまう。

すごく気持ちいい気分になるだろうし、至福を感じるかも知れない。

だけど、ここはまだ終わりじゃないの。まだ、「私は観る」で「私が、私が・・・」の世界でしょ。

「私は悟った、私、私」と言っている人は危ない。信じちゃだめ。

実は、まだこの続きがある・・・と言って、

青空から地上に向かって赤い矢印を一気に書く先生。

つまり、肉眼の目(心の目)→意識の目→青空意識の目からあらゆる状況を見る目、

というように、2回の反転が起こるのだそう。

最後の反転が起こったとき、すべてを破かず、すべてを受け入れ、
「ただ足るを知る」「ただ幸せでいてごらん」の世界がある、というのだ。

ここまでくると、私にはまだついて行けない。
そういう境地に私もいつか辿り着けるのかなぁ・・・・

ものすご~く長文になってしまいましたが(汗)、
7月22日の青空禅フォーラムは、新月と皆既日食という、世にもめでたい日にふさわしい、
楽しく充実した2時間でした☆
[PR]
by bebalanced | 2009-07-23 07:06 | Enlightment

「もっともっと」から、「今この瞬間」へ

f0053906_22135169.jpg

自分で言うのも何だが、生真面目で、何でもとことん突き詰めないと気がすまない、完ぺき主義な私。

常に自分の使命は何かを考え、人生のヴィジョンを打ちたて、願望・目標を設定し、達成に向けて努力する。

達成へのプロセスが生きがいであり、やりがいを感じていた私は、
いつの間にか、達成した瞬間、もしくは達成する前から次の目標や願望が自然と湧き上がり、常に心の目線は未来の「こうなりたい自分」に向いていた。

もしくは、目標や願望がないと、精神的に不安定になり、無理やりにでも目標や願望を設定するようになっていた。

願望や目標を達成すれば、今より「もっと、もっと」幸せな自分になれると信じて・・・。

こうして、人生への満足感、幸せ感を求めて、「願望・目標設定→→→達成」のサイクルを繰り返す一方で、こんな強迫的な生き方をしていたら、ストレスでそのうち病気になるんじゃないか?との恐れがつきまとうようになっていた。

青空禅フォーラムに参加したのは、自分を磨き上げる目標設定から、自分の細胞が沸々歓喜の声をあげるような”ワクワクドキドキ”の目標設定へと、目標の「質」を変え、チャレンジしようと思っていた矢先のことだった。

フォーラムの終盤で行われたワークショップで、「ただ幸せを感じる瞬間」をグループでシェアしていたとき、私の隣のグループにいらっしゃった方の言葉が、私の耳に入ってきた。

『人間って、目標を達成したとしても、「もっと、もっと」と求めてしまうのよね。』

私はその方のことを、フォーラムが始まる前から気になっていた。
教室が終わった後の懇親会で、思い切って話しかけてみたら、その方の生き方は、私の今までの生き方と重なる部分がすごく多く、びっくりしてしまった。
そして、その方が癌に侵され、余命数年を宣告されていることを知ったとき、私は神様が

「このままだと病気になっちゃうよ。そろそろ生き方を変えたほうが良いよ。心の持ち方を変えたほうが良いよ」

と教えようとしてくださっているのだと、直感的に感じた。

懇親会の後、岡部明美さんと一緒に電車に乗って帰る途中、明美さんが別れ際に私にくださった言葉。

「Bebaさんは、間違いなく、人生の端境期に立っているのね。
こういうとき、自分の内で起こっていることを、目を背けず、しっかり見たほうがいいよ。」


先に電車を降りた明美さんと別れた後、駅のホームにたった私の胸には、今日出会った感動と喜びが、潮のように沸きあがり、心の中に染み渡るのを感じたのであった。

写真は、青空禅フォーラムが終わった後、美しさのあまり、心を奪われた風景。近くの土手に咲く春の花が、春の風にそよそよと吹かれながら、夕陽を浴びてキラキラ輝いていました。幸せの種、ここにも見つけちゃった♪
[PR]
by bebalanced | 2009-03-21 10:05 | Enlightment

青空禅フォーラム

f0053906_2210629.jpg

今日は、iMedic&Artの伊東充隆先生主宰の青空禅フォーラムに初めて参加しました。

「座禅?」「なにするのかな?」なんておっかなびっくりで行ってみたら、1月31日の愛ある医療でお会いした、そして、「私に帰る旅」の著者である岡部明美さん、ながちゃん先生、エリカさんもいらっしゃっていて、
私の尊敬する大好きな方々が勢ぞろいしていて、本当に嬉しかった・・・!!!
f0053906_2212931.jpg

そして、今日の午前中まで夢中で整理していた私の考えをひっくり返されました。

それはまるで、波打ち際でぱちゃぱちゃ水遊びをしていたら、

突然大きなウェーブがやってきて、

うわん

とさらわれた感じ。

私は、ぽかんと口を開けてただその波に乗せられた子供のような感じ。

今日の午前中の私の意識と、この教室に参加して後の私の意識は、まるで別ものです。
[PR]
by bebalanced | 2009-03-20 22:00 | Enlightment