カテゴリ:Meditation( 2 )

口ぽかん

f0053906_2122398.jpg

野口整体の徳田先生曰く、「口ぽかん」の境地が、日頃理性や思考でガチガチになっている人にはいいそうです♪

「口ぽかん」は、青空禅教室の伊東充隆先生が提唱する「ただ幸せでいてごらん」の「幸せ感」であり、「青空にアクセスしている」と同義であると思います。

「口ぽかん」って、私の場合、どんなときかな?って思うと・・・

・旅行しているときの、移動中。
私は車の助手席に乗って、外の風景を眺めるのが好きなのですが、そんな時。
あとは、電車に乗って車窓から流れる田園風景などを見ている時。
まさに、「口ぽかん」です笑。
あぁ、小旅行にお出かけしたくなっちゃった・・・。

・道端に咲く野の花を見つけたとき。
歩いているとき、ふと目に入るタンポポや、名も知らない花を見つけると、言葉にならない感動と喜びが一瞬からだの中を駆け巡ります♪
こういう理由で、私、歩くの好きなんです。

・シャワーを浴びたりお風呂に入っているとき。
意識は間違いなく飛んでいて、「気持ち良い!」だけの状態です。他にはなぁ~んにも考えません。

・料理を作っているとき
もう料理するのに必死で、神経は包丁や素材に集中していますから、ある意味、意識は飛んでいるかもしれません。無我の境地といいますか・・・。

こんな感じで、他にもいくつかありますが、つまりは、、
「今この瞬間」に心奪われて「思考が飛んでいる」状態、
「理屈抜きに気持ち良い状態」

のことですね。

あなたの「口ぽかん」はどんなときですか?
[PR]
by bebalanced | 2009-03-22 21:23 | Meditation

野口整体

f0053906_2120232.jpg

去年の5月にマクロビアンのお庭で撮ったお花です♪

今日、初めて野口整体を体験した。

野口整体とは、理性を捨て、無意識の状態で体を動かすことによって、活力を得る、という発想の整体で、初めて「愉気」という手当てをしてもらった。

「愉気」では、先生が、私の背中、お腹、わき腹、首の後ろ、頭、脚、足首に手を当ててくれて、そこが、まるで光が当たったかのように、じんわりじんわり、温かくなる。

「私、ずっと誰かにこうしてほしかったーーー」

思わず涙が出て、顔がくしゃくしゃになった。

天国のように気持ちよくなって、頭の中がからっぽに、真っ白に近い状態になった。

いつも思考の堂々巡りが甚だしい私にとっては、この上ない快感。

整体に入る前に先生が話してくださった話の中で、印象深かったものを2つほど。

「芸術家などの創作活動に携わる人は、人に感動を与えよう、人に感動を与えるために作ろう、なんて思ってやっていないよ。
自分が癒されたいと思って作った作品が、人を癒すんだ。
自分が感動しながら作った作品が、人に感動を与えるんだ。」


鬱になる人は、それだけエネルギーが高い人がなるんだよ。
エネルギーが低い人は鬱に何てならないから。
エネルギー高い人が、自分のエネルギーの持って行き場所がわからなくなって、鬱になっちゃうんだよ。野口整体は、その行き場を失ったエネルギーを、体を使って出して上げましょう、ということで。」

今年に入ってから、

飯田夏代さんとの出会い

山村幸夫先生の神からのギフトとの出会い、

愛ある医療での鈴木秀子先生、Hozumaさん、長ちゃん先生、伊東先生、岡部明美さん、エリカさんとの出会い、

青空禅教室との出会いといい、

「人に感動を与え、癒し、元気にしたい」

という私の思いを、より真実に近づける波が、きているのかもしれないと思った。

それは、自分自身が、癒され、感動し、元気になること。
そうしなければ、人になんてできないこと。

何かの行為をせずとも、私自身の存在そのものが、
感動し、癒され、元気であることが、
人に、地球全体に、宇宙に、宇宙の無意識の集合体に、
いい波動を送ることであり、
それこそが、真の癒しであり、感動であり、元気を与えるということ。


そのために、今、雲を突きぬけ、青空とつながっていよう♪

小さな喜びの種をまこう♪

リラックスして、微笑もう♪

いたずらに行為や現象に振り回され、縛られていた私の意識は、
新たなフェーズに入っているのだと、認めざるを得ないのでした。
[PR]
by bebalanced | 2009-03-21 21:25 | Meditation