「ほっ」と。キャンペーン

丸山直文展 後ろの正面

f0053906_2319332.jpg
丸山直文展 後ろの正面に行ってきました。

「嬉しい、嬉しい、楽しい!」

キャンバスの天辺から降り注ぐピンクの帯、キャンバス全体に降り注ぐプリズムのようなレモンイエローやライムイエローの斑点、背景の緑。
残念ながら写真がないけど、2008年の一番最近の作品を見ていると、そんな気分にさせられる。しばらくずっと見ていた。

扱いが難しいショッキングピンクや赤紫が、ぜんぜん嫌味に感じない。

白の扱い方がすごくうまい。

私の好きなクリームイエロー、ライムイエロー、薄い水色、薄いピンクの組み合わせがたくさん。

真っ白い空間に映えるカラフルでポップで、それでいて上品で静かさを感じさせる作品たち。
透明感がある。フレッシュさを感じる。見てて心がスカーッとする。心が軽くなる。

アクションペインティングのようなんだけど、サム・フランシスやジャクソン・ポロックとは違った、綿密な下準備に支えられた作品たち。

天才。

素晴らしい作品に触れた。幸せ!
また機会があれば彼の作品を実際に観に行きたい。
まだ若く、これからが楽しみな作家さんです。
[PR]
by bebalanced | 2008-11-08 23:21 | Art&Design
<< eat more greens... 美人になれる?!食用菊のサラダ >>